「仕事終わってないけど帰る」をやるのはなかなか気を使う

進捗状況がかんばしくなくなって、
「すいません、あんま仕事進んでないです」と報告したにも関わらず、
定時になるとそそくさと帰宅する俺氏。

職場を出て「ほんとクソだなwww」とか笑ってしまったりするけど、
なかなか気を使うよね。

試しにやってみた。
みたいな感じなんだな。

まあ迷った。帰らずやろうかと。
出来てない以上、残業して終わらせないといけないかなって常識的には思ってしまうわけで。

それに終わらないのは仕事が遅い自分がいけないからという意識が湧いてしまうゆえ、
残業して埋め合わせをしようとすると。

しかし「終わってません。でも時間なんで帰ります」は
なぜにダメなんだろうか。

単純に終わってないんだから終わらせろ。
だよね。

ま、まあそうだよねとは思ってしまいがち。

それについて少し空想にふけったこともあるけど、
帰ってもいいけど、あんまりにも生産性が悪かったりすれば、
クビか減給にするよ?みたいなペナルティを設ければいいんじゃないか。
なんて考えたりはしたな。

残業せず生産性を上げて対処する

今日はちきりんの「自分の時間を取り戻そう」を読み返していた。
簡単に言ってしまうと、生産性をとことん上げていきましょうって本だ。

この中では、ただ単に時間を投入しようとするのは良くないと言っていて、
実は自分が仕事が終わってないのに(進捗状況が悪いのに)帰ったのは、
この残業というインプットを増やして出来るだけ対処しないようにするためってのも一つだった。

ゆえに普段結構、時間との戦いになってたりする。

定時になったら帰るから、それまでに終わらせないといけないと。

そういう条件の方が、確かに生産性を上げなきゃいけない圧力が働いて
優先するものや、力を抜くものなどを考えつつ仕事をすることになるし、
やり方そのものも工夫しようとする面は出てくる。

思い切って時間を制限するのは自分の生産性を上げるのに役立つ。

いや、言いたかったのは

ちょっと横道にズレてしまった気がする。

もっと言いたかったのは、
単純に「終わってなくても帰ってよくね?」だった。

なんでダメなんだ。
お願いだ。スケジュールを延期してくれ頼む。

結局残業して対処しないといけないかもしれない。

スポンサーリンク
 

日々は地味で地道

真向法というストレッチをやり始めてそれなりに経った。
やり始めたのは去年の5月ぐらい。

真向法はたった4つのストレッチをやるだけというシンプルな健康法で、
自分はこれを風呂あがりに、ほぼ毎日やっている。

この中では第2と第3がしんどくて、長いことあまり曲げられなかったけれど、
ようやく頭が付きそうなくらいまで曲がるようになってきた。

やってて、ほんと地道だなと思う。
結果が出るまでの日々っては地味な繰り返しかなと思ったりする。

結局こういうのは健康法としてやってるわけで、
つまりは長いこと付き合うわけだから、そんなに焦らなくてもいいんだけどね。

じっくり柔らかくしていけばいいとは言える。

まあ自分の場合、ブレイクダンスやってるから、
体を柔らかくしてるのはある。

で、ある程度いったら
その後は180開脚出来るまでやろうというのが目標なわけです。

それまで、どれぐらいかかるんだろうね。

スポンサーリンク
 

フロー型の読書 ストック型の読書

ブログの記事にはフロー型とストック型という2つの分類があります。

フロー型の記事というは、その時だけ読まれるような記事で、
その時期のトレンドやセール情報などがそれにあたります。

ストック型は、いつになっても度々読まれるような記事。

そしてブログでは、そのようなストック型の記事を書きましょうとはよく言われていますね。

このフロー型とストック型という言葉。

ふと読書に当てはめて考えてしまった。

フロー型の読書とストック型の読書。

何がフロー・ストックなのかというと、その本の内容や知識のことですが、
自分の場合、基本的には読書はフロー型になってしまっています。

要するに読んだ内容が、読み終わったらもうほとんど頭からなくなってしまうわけです。

これをどうにかしたいなと思いつつ、いろいろ読んでいると
アウトプットをしなさいと言ってる人がちらほらいた。

ということで最近、読んだ本の内容をブログに書いたりしてるわけですね。

これがやり始めてすぐにその効果を感じましたが、
アウトプットをすると頭にほんとに残りやすい。

そもそもアウトプットするつもりで本を読むと、読み自体も変化しますね。

どうやってまとめようかとか、要点を捉えようとしたり、
書いてて、あれなんだっけ?ってなると何度も読み返しますしね。

それゆえに自然と頭に残ってしまう。

ただし、負荷が高いので面倒くさく感じてしまうかもしれません。

ということでフローでもいいものに関してはフローな読み方で、
ストックしたい時はアウトプットしたり、
あるいは何度も読み返すという方法を取るのがいいかなと思います。

スポンサーリンク
 
1 2 3 4 99