次はTOEIC L&R・S&W

休みも勉強してばかりだった。

LPICは無事取り終えて、次はTOEICのL&R・S&Wが待ち構えている。

もう来月再来月には試験。

L&Rは900点越えたいとこだけど
今年はそこまで英語やってきてないんだな。

瞬間英作文とカランメソッドをちょこちょこ続けてたぐらい。

スコアは自然に上げてくのを目指してたけど、
いい加減真面目に対策したほうがいいかな。

そもそもスコアが下がってしまう可能性もあり得るし。

まぁ新しい公式問題集を2つ購入した。

それやってどんなもんか確かめ。

S&Wはどうかな。
また記念受験になるかもしれない。

最近スティーブ先生の新しい本を読んで、
もうちょっとS&Wを受ける頻度を上げようかなと思った。

来年は3ヶ月に一回のペースでS&W受けようかな。

しかし資格試験はなかなかお金がかかるよね。
今月は資格で結構お金使っちった。

 
スポンサーリンク

LPIC303受験して合格してきた

LPIC303受験してきました。
点数良くないですがとりあえず合格しました。

勉強期間など

勉強を始めたのは2月頃。
試験を受けたのは9月で約半年。

この間、毎日欠かさずやってたわけでもなく
やったりやらなかったり。

とりあえず教科書を読み返してるだけだったり、
問題だけ全解きしたり。

ただなんだかんだ教科書は10回ぐらいは読んだんじゃないかと。

実際にサーバー構築もちょくちょくやってましたが比率としては少なめ。

実際に自分がVM使って手を動かしてやらなかったもの

  • FreeIPA
  • FreeRADIUS
  • SSSD
  • Snort
  • racoon
  • nft

正直面倒くさくて、いっかとやらなかったもの。
これが意外と大切だったかな。
自分の時はFreeRADIUSの問題は全然出なかったけど、他がね。

受験時の状態

教科書にある問題は100%正解出来る状態。
問題以外の内容は80%以上は頭に入ってるかなぐらい。

テスト中、問題見れば思い出せるかもなと思って
細かいオプション・設定内容はしっかり暗記せずって感じです。

テストの感想

教科書の問題と同じだったり感じが似てるのも20問あったかどうか。
そうじゃないような問題が多かった印象。

入力問題は6・7問ぐらい。

  • フルパスで設定ファイル名
  • 設定ファイルの項目名
  • コマンド・サブコマンド

あたりが出題されました。

試験では教科書ではあまり扱ってない部分の知識が結構問われました。
なので苦戦したのは確かですね。

役立ちそうなサイト

試験を受けてみて教科書以外に読んでおくといいかもね、と思ったサイトを上げときます。

iCertStore 出題された問題がネット上にあるとはね・・・
racoonの設定
プリプロセッサの設定
tcpdump コマンドの使いかたをまとめてみた
Simple rule management とくに4番目とか
DNS-based Authentication of Named Entities(DANE)
暗号化ファイルシステムを使ってみる
Man page of EBTABLES チェイン・ターゲット・テーブル
SSSD でのローカルシステムユーザーの管理

教科書1冊だけでも合格は出来る

勉強は市販参考書1冊だけ使ってやってましたが、
それだけでもまぁ合格は出来ますね。

ただし教科書の問題だけ解けるようになってもダメそうです。
問題以外の内容も理解と暗記があった方がよいです。

自分は教科書を完璧に覚えていかなかったので、
いくつか設定項目名などで間違いをしてしまいました。

そんな自分は80%ぐらい教科書を頭に入れて何とか合格はしたんで、
それ以上教科書を頭にいれれば合格は出来るでしょう。

 
スポンサーリンク

趣味は持つべきか?

趣味は持つべきか?

AERAに趣味圧という特集があった。

  • インスタ映えするような趣味を持たないといけないんじゃないか
  • 人に話せる趣味じゃなきゃいけないんじゃないか
  • 無趣味だとつまらない人間だと思われるんじゃないか
  • 仕事が趣味だとこれまたつまらない人間だと思われてしまうんじゃないか

など趣味一つでも他人を意識してしまう部分があると。
趣味があってもなくても、何か同調圧力かあるんじゃないかというお話。

ほんとの趣味を言わない趣味偽装

記事に趣味偽装という話もあったけど、
そういや自分も今も昔も趣味偽装してることはあったりするな。

高校生の時なんてゲーマーだったことを隠してたしなぁ。
オタクと思われたくない気持ちがあったのを思い出す。

ゲーム好きってのが恥ずかしく感じたんだよね。

趣味なんて人目を気せず、自分が楽しめることやればいいんだけどね。
なければないで気にしないでいいんじゃないかとは思う。

ただこんな記事も

クーリエジャポンの天才になる方法という特集ではこんなことが書いてあった。

普段の仕事を完全に忘れるくらい没頭できる趣味や活動は「ディープ・プレイ(深い遊び)」といえるものだ。それは単なる気晴らしのゲームとは異なり、人生に役立つスキルの本質を教えてくれる。

優秀な研究者やエンジニアには、登山やセーリング、楽器演奏、絵画製作などのディープ・プレイに情熱を傾ける人が少なくない。逆に、業績のよくない研究者は「趣味を持たないか、仕事にとって重要でないとみなしている」という研究結果もある。

こういう趣味みたいな別の活動で活力や創造性が養われるということはあるんだろうね。
何か能力を高めたい人は趣味を持った方がいいのかもしれない。

それにしても

雑誌読むのが面白いわ。

趣味は雑誌を読むこと。
これが自分の趣味にプラスされたよ。

ま、元々雑誌読むのは好きだったけど。

ところで新しい趣味を見つけたい人はこんなとこ見てみるのはどうだろう。
何か見つかるかもしれない。
シュミカツ
趣味百科
趣味探し.com

 
スポンサーリンク
1 2 3 4 75