ニートになってた理由

やりたいこと・好きなことが分からない。

これも確かに仕事をしたくない大きな理由なんですが
でも、ちょっと違うなって思ったりする。

自分がニートやってた一番の理由は恐怖ですね。

いろんなことが怖くて、動けなくなってました。

仕事を探すにあたって、怖いものって
自分の場合は、証明写真を撮ること・電話・面接。

証明写真を撮るのが怖かったってのは今思うと変ですが、これら壁があったわけです。

それに自分がその仕事を出来るのか?
それも不安なわけですね。

人との関わりにも自信がなかったので、
人と関わらず黙々と出来るものはないだろうか?といつも思ってそういう仕事を探してたのを覚えています。

そもそも求人見てるだけでも、どれもこれも怖くて自分には出来そうにないって思ってましたからね。

それで求人情報見ることすら、なかなか出来なかったのを思い出す。

今はそれらはだいぶ克服して少なくとも働くことが当たり前な感じになりましたが。

これに関しては、どうして克服したかは、結局場数を踏んだおかげかと思います。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。