面接 1社目

スポンサーリンク

十分に準備は出来たかな、という思いがあったからか

割と気持ちは落ち着いていた。

とは言え、時間が近づくにつれ緊張感は増してくる。

最近「きっと、うまくいく」という映画を観たのもあって

アーリズウェルというおまじないを唱えたりする。

昔は、面接で現場に行く時の恐怖ったらなかったな。

心臓はバクバク、手は震える。

もう何度もあったことだから、今はそんなにはならなくなった。

慣れですね。

面接時も緊張感はそこまででもなかった。

というか社長さんがすごいニコニコとしてて、やりやすかったのが大きい。

それに「自己紹介をしてください」から始まらず

履歴書眺めて、気になるところを聞いてくるといった感じ。

この形式は結構楽に感じた。

でも、やっぱしゃべり下手くそだった。

相手に「あれ?」って思わせてしまった部分とかあった気がする。

反応で分かる。それに言った矢先、
自分自身でも今のはもっといい言い方あったよなと思ったり。

面接後にテストがあったけど

簡単な数学の計算すら出来なくなってて衝撃。

あ・・SPIとかもやっておくべきだったな、と少し悔しい気分になった。

面接が終了して、帰宅後

いろいろと思い出しては、なんだか恥ずかしい気持ちになってどうしようもなかった。

ただ、これが一歩だから

続けてれば良くなっていくはず。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください