仲良くなったフィリピンの先生2 個人レッスンを持ちかけられる

もう一人仲良くなった先生がいた。

この先生はフィリピンの先生1と一番仲のいい同僚みたいだった。
よくお互いのレッスン中、暇なとき邪魔しに来たりもしていたしね。

この先生とは爆笑しながらレッスンをしてたわけじゃないけど、
同じように割とふざけながらやってて楽しかったし、
レッスン自体はこの先生の方がなんか相性が良くてやりやすかった。

ある時、急にskypeのコンタクトリストの申請が来た。

この先生からだったんだけど、
「これ個人アカウントなんだけど登録して欲しい」って言われて登録した。

その時、自分は少しピンと来た。

これってもしかして、そういう流れになるんじゃないか・・・?って。

そして予想は的中した。

次に送られてきたメッセージは
「来月にここ辞めるんだけど、もし私でレッスンを続けたかったらやるよ!」
というものだった。

あぁやっぱりな。

その時提示された金額は、思ったほどは安くなくてまずそこに魅力はなかった。
もちろん交渉の余地はあったと思う。

で、しばらく考えたけどメリットよりデメリットの方が大きいなと思った。

まずレッスンの環境が悪くなりそうっていう不安があった。

ちゃんとしたオフィスでやってるからこそ、通信回線が良かったり電気の供給もちゃんとしている。

あとは教材とかもパソコンでシステム化されてるっぽくて、例えば生徒を選べば、すぐにその生徒の続きの場所が画面に表示されるみたいなシステムがおそらく出来ているから、これが個人となると本を使ったレッスンになりそうで効率が悪くなりそうかなと思った。

それに急に辞めるとか言い出したら困るし、
忙しいから出来ないとか言われた時、代わりに他の先生でレッスンをするってことができない。

そんな感じで考えるとデメリットの方が大きいかなって思ってお断りした。

やっぱそうやって個人レッスンを提示してくる人もいるんだなあと、その時は思った。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。