フィリピンの食べ物 バロット

たまにはカランメソッド以外のレッスンでもやってみようかなと思って
日常会話を選んでみたら先生に簡単過ぎるからもっと別のレッスンやった方がいいよと言われてしまった。

そんでレッスン中は教材の内容はあまりやらず別のおしゃべりばっかになっていた。

フィリピンにはバロットっていう食べ物があるんだそうだ。

これ、ゆでたまごみたいなんだけど
ちょっと気持ち悪いのは、少し育った状態でゆでたまごにするってところ。

要するに若干ひよこになった状態ってことかな。

それ美味しいの?^^;って聞いたら
sourって言われたな。

きっと微妙だろうな・・。

初めての先生だったけど楽しくやれたな。
フィリピンの先生はだいたいフレンドリーだから楽しくやれる。
一部例外はもちろんいるんだけどね。

やっぱレッスンとして英会話するのは気楽だった。

その前にskypeで適当に外国人と会話をしてみてて
そっちではなんかうまくいかなくて。

自分の国の文化、社会、政治、経済だとかの話を聞かれたりするけど
こういうのがうまく話せなかったりする。
あとは自分自身のこととか自分の意見とかか。

外国人との英会話って言ったら、こういうのも話せないといかんよね。

でも結構苦手なのよね。

これも少しずつ慣れてくしかないとは思う。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。