自動翻訳機が完成したら

今何らかの語学を勉強している人、もしくはこれから勉強しようかと思ってる人にとって
自動翻訳機が出るんじゃないかというのは結構不安の種ではないだろうか。

自分も英語の勉強をし始める時は、そこら辺自分に問いかけたもんな。
それでもお前はやるのか?と。

昔から自動翻訳機が出るから語学の勉強なんて意味がなくなるなんて言われ続けていて、まだ今のところは完璧なものは出てきてないけど、段々と精度が高くなってはいるようですから語学を勉強してる人は、割とハラハラしてたりするんじゃないかな。

何時間もの時間が無駄に帰すと思うと恐ろしいですよね。

自分はそうなったらそれはしょうがないという立場で
むしろ自動翻訳機なんかさっさと出現してしまえばいいとも思ってたりする。

自動翻訳機が出てきたらどうなるか。

まず、語学学習というものに長時間費やす必要がなくなるというのは
多くの人にとって、別のことに時間を割けるということだからいいことだと思う。

そして色んな人と関わりが増える。交流が増える。
色んな国の人の考え方や文化などがもっと身近なものになり
相互理解が進んで、もしかしたら世界情勢が良くなるかもしれない。

あとはそれぞれの人が自国の言葉に集中出来るだろうこと。
英語学習の話をすると、英語より日本語をどうにかしろ!みたいな意見がよーく出てくるもんね。
それと消滅しそうな言語の保存にも役立つかもしれない。

ということでいいこともたくさんあるだろうし
自動翻訳機は出て来たほうがきっといいのです。

自分は英語学習が無駄になったとしても色々と知ったところがあるので
それだけで十分ですよ。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。