ゲットモア

値切り交渉ってのは、今までに何回かやったことがあって
ゲットモアを読んでからは、もっと何か実践しなきゃなと思っていた。

今日は服を買いに行ったんだけど
セールのところに、ある服が置いてあった。

ただ

これほんとにこの値段なのかな?
置き間違いじゃないのか?

と、何となくセールの服なのかは疑わしかった。

まぁいいかと試しにレジに持ってくと、出てきた数字はセールの値段じゃなかった。

それでも全然高くない値段だから、そのまま買うのも別に良かったんだけど
ちょっと交渉の機会かなと思って、セールの場所にあったんですがと言ってみた。

どこにあったのか教えて欲しいということで、そこまで連れて行って
ここにありましたと教えたら、しばらくしてその値段で売ってくれることになった。

それでおしまい。今回は相手の間違いを指摘しただけで全然交渉じゃないですね。

もし、すいませんがこの商品はこの値段なんですって言われたら
ひと押しだけしたかもしれないけど、変にしつこくやり過ぎるのは自分が嫌になってしまうから
割とすぐに降りたと思う。

でもどんなひと押しをすればいいかはわかってないから、適当な感じになってただろうな。

ツールが全然頭に入っていないね。

こういうことやった後に本を読み返すと、あぁそうかとちょっと内容が頭に入りやすい。

まぁまたなんか機会を見つけたら試してみよう。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。