数字で考える

「数字で考える」が簡単にできるようになる本
を読んだ。

自分が思ってたような。

「バスにピンポン球はいくつ入るか?」
を考えられるようになれるものではなかったけど

数字を使った比較の仕方とか
それを分かりやすく見せるやり方など学べることは多かった。

ただこの本で一番気になったのは最後にあったポジションを取るってところ。

このポジションを取るとは何かというと
「ハッキリと主張する」ってことで

右に行くのもいいが、左に行くのも捨てがたい・・
みたいなものではなくて

右が良い。なぜなら
と言った主張をするのが面白ものになるんだという。

これはワクワクする資料にするにはっていう話なんだけど
ブログでも当てはまることだと思う。

ハッキリと主張してる方が、なかなか面白さがある。
ただし炎上必至だったりするけどね。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。