何もない欠乏感を埋めたくて

英語の勉強をしようと思い始めたのは実は10年以上も前のこと。

なんで英語の勉強なんか始めたかって
自分には何もないっていう欠乏感があったからですね。
それを埋めたかったってのが本当のところ。

ゲームばかりしてたからゲームは得意だったけれども、そんなもの・・・って感じだし
高校卒業後フリーターやニートしてたし、まぁ自分には何もないなっていう思いがありましてね。

だからとにかく自分に何かが欲しかったんですね。
それを解決というか、そこで思い浮かんだのが英語なわけですね。

そして英語がしゃべれるようになったらモテるようになるかなとか
仕事の採用でも有利になるかなとかよく想像したな。

まぁこんな感じで英語の勉強をし始める人って結構いるんじゃないかな。
他のブログ見ててそんな感じの人はいたりしますからね。

なんか気持ちはわかります。

自分は英語が出来るようになったとはとてもじゃないけど言えないですが
いま現時点ではここまで英語力を伸ばせたことに自分でだいぶ満足はしてます。

ちなみに仕事の採用では実際有利になったりしましたし
女性に「おっ!」とか「すごい!」とかいう反応をもらったことがあります。
やっぱ女性は英語に対する意識が高めですね。

こんな感じで実際に自分が想像してたような反応みたいなのは得られたりしたわけです。

なので同じく英語に挑戦してる方には頑張って欲しいなと思いますね。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。