古いPCをリビング用にリノベーション

光回線にした時に無料でもらったPC。

CPUがCeleron D 331ってやつで
今ではYoutubeもカクカクで視聴に耐えないというスペック。
DVDドライブじゃなくてCDドライブだし、フロッピーなんかも付いてるし。

これってもう使えないの?と言われてPuppy Linuxを入れて動かしてみたら
ネット見るだけでもカクカクで結局使われず放置されていた。

前からリビングのTVでネットが出来たらいいなという要望があって
この前、PCを新しくした際に取り出したCore2Duoに入れ替えてみることにした。

まだ使えるから勿体無いってのはあるけど、
またPCいじりがしたくなってしまった方が動機としては大きい。

リビング用PCにするにあたって問題は画面出力がD-subしかないことだった。
テレビはHDMIだから、D-subをHDMIに変換する何かが必要。

探したけれど安くて使えそうなものってのは見つからない。
変換はコンバーターってのがあるけど意外と高いんで、そんなら安いグラボでも付けたほうが良さそうってことでグラボを買うことにした。

値下げ交渉の機会

某量販店へ行きネットで見つけたグラボを探すと
ネットより店舗に置いてあるグラボの方が値段が高い。

これはまた久しぶりに値下げ交渉のネタが見つかったなと思ってやってみることに。

ネットで見たと言っても今回はその量販店のネット上の価格だから
受け入れてくれる可能性は高いだろうとは思っていた。

だけど一応手順というか、どうやって始めるかと
もし無理ですと言われたら、どうひと押ししようかは予め考えておいた。

「つまり同じ商品であるのに、改めてネット上で注文しろということですか?」

ゲットモアには、フレーミングっていうのがあるけど
その時自分が考えたのはいいフレーミングとは言えないか。

あとは
「送料無料でされてるようですけど、手配や送料などのコストが無駄だと思いませんか?」

とか考えたけど、値下げより送料とかのコストの方が低いかもしれなくて
これは微妙かなぁみたいな。

最終的には
「顧客を不満にするのが、御社の目標ですか?」

これは本に載ってるフレーズ。フレーミングや規範を使ってる。
その時はこのフレーズは出てこなかったけど。

ということで、あとは誰に対してどうスタートするか。

まずはスマホで表示されてる商品と自分が持ってる商品が同じものであることを確認してもらってから、こっちはこの値段なんですけどと言ってみることにした。

レジの人に言ってみたら、別の人が来てその人が値段確認。
その後ネット上の価格で売ってもらえることになった。

ということで今回もその程度で終了。
実は久しぶりってのもあってこんなことするぐらいでも手が震えてしまったんだけどさ。

でも考えてみれば安くなったとはいえグラボは4千円ほど。
今回の要件はHDMI出力出来るようにするってだけだから
探せばもっと古くて安いグラボはあっただろう。

ちょっと何かを試せたから、それでOKかなと。

PCセットアップ

PCはスリムタイムなのでグラボもロープロファイル対応というものを購入。

最初商品を取り出した時、PC本体から出てしまうくらい長くて
あれ・・間違えたか?と思ったけど、付け外しが出来るタイプだった。
初めて買ってみたんで知らなかった。

またまた今回インストールしたOSはUbuntu。
Windowsのバックアップイメージをリストアしてみたんだけど、やっぱ起動しなくて結局これ。
ただUbuntuでも十分いろいろと出来る。

グラボのドライバは最新のはなかったけど、勝手に当たるオープンのやつでの動くから十分。
ちょっと驚いたのが、グラボに接続したHDMIでも音が出るってことだった。
グラボのHDMIって音声出力もしてくれるんだね。

リビング用なのでキーボードは無線で使えるものでタッチパッド付き。
これも買ったまま使ってなかったけどようやく陽の目を見ることになった。

今回PC再利用にあたって
眠ってたいろんな資源、DVDドライブ・HDD・PC本体・キーボードなどが有効活用出来て嬉しいですね。
使わないと勿体無いですからね。


Youtubeは全画面でも余裕。


abemaTVはこんぐらいの大きさじゃないとしんどいレベル。
追記:これはfirefoxだからでした。chromeなら全画面でもさくさく観れます

今回のPCは親が使うもので用途はこんなもん。
あとはdTVが見れれば最高なんだけども・・

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。