ライフログ 日記を書く効果について

レシートをノートに貼り付け始めてから10年が経った。
もうそんなになるのかと驚く。

日記も付け始めてからもう10年。
あと家計簿みたいなのは付け始めてから8年ぐらいが経つ。

それを始めたきっかけ

レシートの貼り付けと日記は同じくらいに始めた習慣なんだけど
もともとなんでこんなこと始めたのかというと、なんか日々が寂しかったからだったと記憶している。

その頃は朝数時間働いたら、あとはひたすら本を読んでるだけの日々を過ごしていて
思い返すような思い出とかイベント事がめったになかった。

そんで年の暮れになって、今年は何をやったんだっけなと振り返ろうとしても
何も思い出せなくてね。

それがちょっと寂しかった。

そんな時に友達数人と食事に行った時のレシートがふと出てきたんだけど
レシートからその時の思い出を振り返れたのが嬉しくて、それ以来レシートを残すようになった。

日記も同じく何も思い出せない日々が寂しくて、
何をしてるのか書き残しておこうと思ったのが始まり。

まぁ本読んでると日記を書いてる人が結構出てくるから、それに影響されたのもある。

日記の効果

しかし日記は書いてて、だいぶ恩恵があったと思う。

まず文章を書くことの抵抗がなくなった。

昔から文章を書くのはすごく苦手で、日記始めた初期は何か出来事があっても一言しか書けなかった。
それが継続してたら数年後には数ページにわたって書けるようになってね。

それには自分でも驚くぐらいだった。
いつの間にかこんなにも書けるようになったなぁという感じ。

これで嬉しさを得られて、おかげで自分も文章を書けるなという自信になったのを覚えている。

それと正直な気持ちを書いてると落ち着くみたいな効果もあったな。

初期のころなんてほぼ家にいたから、一日の出来事じゃなくてなげ葛藤かっとうばかり書いていた。

日記にそういうのを書いてると落ち着く面はある。

あと大きいのは、目標を書き込んではそれを達成していったこと。
それが嬉しくて、いろんなことに蹴りをつけることができたのは自分としては大きかった。

心残りの解消
20代の頃にやってきて、今にいい影響を与えていると思うことがあります。 それは心残りの解消です。 ある時、本を読んでいるとこんな...

こんな感じで自分の場合は日記を書いていて恩恵がたくさんあった。
もともとそれを意図してたわけじゃなかったけれど。

なので日記書くのはなかなかいいと思う。
ブログでもいいかもね。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。