変な音がしていたPCの電源ユニットを交換した

最近英会話のレッスン中、先生に
「すごい雨が降ってるみたいな音がする」と言われた。

なんだかすごく聞き取り辛そうだった。

なんだろう?と自分で声を録音してみると確かにサー音がめちゃくちゃうるさい。

ミニプラグタイプのマイク使ってるからノイズ拾うのかな?
とUSBタイプのものを使ってみても結果は同じ。

他のUSB機器、例えばこの前買った360度スピーカーもPCのUSBから電源を取ると変な音を発生させる。

PCの何かがノイズを発生させてるのかもしれない。
PC本体を開けて音を聞いていると、電源から何やら高い感じの音が微妙に発生していた。

このノイズが乗ってるのだろうか。

電源が原因かは定かではなかったけど、
もう7年以上使ってるし新しいのに換えてみることにした。

買ったのは玄人志向KRPW-L5-400W。
こういうの買う時、特にこだわりはないので価格.com見て安くて良さそうなものを選ぶ。
これはAmazonで安かった。

ケーブルの数は十分。
ただ自分の環境ではSATA電源が一つだけ足りなかったのでHDD→SATA変換ケーブルも購入した。

前の電源。
これは5000円の安いケースにもともと備わってたもの。
安物だろうけど、こんなんを7年以上使い続けていた。
よう動いてくれたわと、ありがたい気分になる。

取り出した。
これは自作する際、最小構成で起動させるのに役立つので残しておこう。
部屋の中でエアダスターを噴射してむせる俺氏。

交換完了。

その後PCを起動させてマイクのテストをするとサー音はなくなり静かになった。
やっぱ原因は電源だったのかな。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。