PCが起動しなくなったと言われたので復旧作業をした

両親が使っている2台のPCは、2つとも自分が買ってあげたもの。

何かおかしなことが起きると、
パソコンが変になったと呼ばれては直すということをする。

この度もまたパソコンが起動しなくなったと言われたので見てみると、
起動中の青い画面が延々と続いて、その先に進まなくなっていた。

何をしてこうなったのかはわからないけど、
どうせ更新中に電源ブチ切りでもしたんだろうなと思った。

前にも同じことがあったし。

壊れたから新しいPCを買うだの言ってたんたけど、
自分からすれば、そんなことする必要性は感じない。

OSの再インストールか、あるいはHDDが壊れてんならHDDを買い替える必要はあるけど、
たぶんその程度で済む話で、PCを買い替える必要はないはず。

ただ、OSの再インストールをすればいいとして、
一つ疑問だったのは

Windows7からWindows10にアップデートするような流れを取らないといけないのか?
というところだった。

というのもメーカーもののPCで、もともとWindows7が入っていた。
それをWindows10に無償でアップデート出来た時にWindows10にしたやつだった。

持ってるリカバリディスクの中身はWindows7なんですな。

調べたら、無償期間中にアップデートした場合はWindows10をインストール出来るらしい。

ってなわけで、早速Windows10の再インストールをすることにした。
公式サイトからisoファイルをダウンロードしてDVDに焼いた後、PCに入れて起動。

画面見たらWindows10のインストール以外に、
システムの回復みたいな項目を見つけたのでそっちを試すことにした。

そこから、復元ポイントを使ったシステム復元を実行したら、
それでうまいこと復旧したのでOSの再インストールはせずに済んで終わった。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。