poketやinstapaperを使い始めたら、英語に触れる機会が増えた

pocketやinstapaperのユーザー登録をして以降、
ちょくちょく英語の記事を紹介したメールが飛んでくるようになった。

タイトルを見てると、つい気になってしまって
最近はそれらを読んだりしている。



スクリーンに向かってる時間が長いと幸福度が下がる

最近はスマホやタブレット、そしてPCがあるのが当たり前の状態で、
それらに向かわない日ってのはないんじゃないか。

記事によると、そういうものに向かってる時間が長いほど、
幸福度は下がる傾向にあるという。

現実に何かをやってたほうが幸福度は上がるのだそう。

しかし全くそれらを断つというより、
何事もほどほどにしたほうがいいという結論だったな。

まあネット上でもちょくちょく見ることですね。
ある程度ネットを断つのも大切なのかも。

What might explain the unhappiness epidemic?

何かを学ぶ時の一番の方法

子供に教えるような形で説明出来るようにする。

自分が分かってると思ってることを、
他の誰かに簡単な表現で説明したり、教えたり出来るか?

そこをとことん自分に追及することで、
物事をちゃんと理解することが出来るということです。

この方法は、いろんなとこでも見ますし
自分でやってみても効果の大きさは実感できます。

まあ若干面倒くさい部分はあるんですけどね。。
これを普段から意識すべきだろうなとは思います。

The Feynman Technique: The Best Way to Learn Anything

リーディング教材として丁度いい

ライフハックや啓発的な内容のものは割と好きなので、
なんだか丁度いい英語のリーディング教材が得られた感があります。

自分の興味あるものであれば、
なかなか楽しく読んでしまうもんですね。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。