セコい本の読み方思いついたので少し試してみていた

最近、音声入力というものを使っているわけですが、
これを使えばもっと色々と得られるものがあるんじゃないかと思いついた。

本を自分で読み上げてしまう。

読み上げれば、話し方の練習が出来てしまうんじゃないか。

そしてこれによって本の内容そのものを残してしまう!
テキストデータ、そして音声として。

音声で残した場合。
耳で聞き直すことが可能。

これは通勤時や目が疲れている時にいいんじゃないか。



ということでさっそく試してみた

ものによると思いますが、2ページ読み上げるだけで5分弱。
誤字の修正なんかしてたら、結構時間かかってしまいますな。

読み上げている時は声の録音もしておきますが、
自分の声を聞くのはキモいですな。

なら声を変えればいいじゃないか。

ということで探してみるとボイスチェンジャーアプリというものがあった。

スマホのやついくつか使ってみてクソ笑ってしまった。
もっとネタじゃなくて可愛い声にでも変更したいわ。

ということでほか探してみた。

これすごい。こういうのだといいかもしれない。
こういうのを使って自分の声で聞きたくないものを変換して聞くのはありかもしれない。

で、結局なんだけど。
本すべて読み上げるのはダルいという結論でおしまい。

OCRスキャンで内容をテキストデータにしたら、
テキストデータをロボット音声に変換することが出来るので、
そういうことを自動化出来たらいいでしょうね。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。