時間の無駄を避けるためToDoリストを書くことにした

無職・ニートになると、いつも発生してしまう時間の無駄を避けるにはどうしようか?

そんなことを考えてた時、
「そうだToDoリストを作ろう」と思い立ったので、
毎晩、翌日やることをToDoリストとしてメモ帳に書き込んでいる。

前の仕事の時、よくToDoリスト的なものを作りながら仕事していた。
なのでそれをやるのがいいんじゃないかと思い立った。

仕事の時はテキストエディタ使ってPC上でToDoリストを作ってたけど、自分はPCやスマホとかデジタルでToDoリストを管理するより、アナログな紙に書いて、終わったら線を引くってやり方がどっちかというと好き。

ということで、100円ショップで売ってるような小さなメモ帳を使ってToDoリストを作ってみている。

実際やってみると、それなりに消化するようになるので、
全く何も用意しないよりは時間の無駄をしないで済んでいると思う。

とは言っても、やっぱり全てのリストは消化してなかったりする。
正直サボってやらなかったものが出たり、書いてもいつもやらずにいる、いわゆる「ゾンビタスク」が出てきたり。

そんな時は、そういう今日やらなかったものを翌日優先的にやるよう、
リストの一番上の方に書くことにしてみた。

そしたら、まあとりあえずはゾンビタスクもやることは出来たな。
結局今度は昨日はやったのに今日はやらなかったなってのが出てきて、
うん、やっぱサボっちゃってんなって感じにはなるけどね。
消化するだけの時間はあるはずだから。

今少しライフハック大全読んでみたら、もうちょっといいリストの作り方があるかもしれないな。
そういうのも考慮して書いてみようかな。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。