2015年11月 一覧

車の運転が怖い

車の中で音楽を聴き、夜の街を眺めながらドライブをする。
こんなことに憧れつつも、なかなかドライブに出られなかった。

あまりにも運転するのが怖くて。

そして免許を取得後、最初の更新が来るまでの約3年間怖くて全く乗らずです。

その後どうにか克服したいと思って、勇気を出すも
車に乗り込んだはいいけど、あまりに怖くてエンジンをかけられず帰ったこともあります。

ホントあの時の恐怖と来たら。
しかしこれも何が怖かったんだかと今は不思議に思う。

まずは小さく始める

最初の頃は少しずつ、まずは駐車場内でちょっと動かすだけとか、
駐車場の周りを一周するだけだとか小さいことからやりました。

それを段々と行く場所を広げ、馴染みの道を数十分だけ運転するを繰り返し、
そのうち思い切って、行ってみたかったお台場まで行ったり。

その時の達成感ったらなかったな。

たった車を運転するってだけのことですが、
本当に嬉しかったのを思い出す。

海浜公園を砂浜を歩き回り、レインボーブリッジを見て黄昏たそがれたのはいい思い出。

こう達成感とか嬉しさを感じると、はずみが出て
よし、次はどこ行こうかな?とか思うようになります。

そしてその後もいろいろと走り回ったり、遠くまで行ってみたり。

家族に車の運転を頼まれたり、引っ越しで運転させられたり。
冷や汗をかくこともいっぱいありましたが、たくさん乗ってるうちに運転の恐怖はなくなりました。

今はカーシェアリングを使って、たまにドライブに出掛けています。

車の中で音楽を聴き、夜の街を眺めながらドライブをする。
そんな憧れだった時間の過ごし方も今では出来るようになっています。

スポンサーリンク
 

カフェに入るのが怖い

カフェでゆったり時間を過ごす。

そんなことに憧れつつも、実際はカフェに入るのに怖がって入れなった時期が過去にあります。

まあ今から考えるとおかしな話ですが、
ドトールすら怖くて入れなかった。

初めのうちはカフェに着いてもすぐには中に入れず、
必ず店の前を一旦は通り過ぎていた。

何度か店の前をうろうろと行き来したのち、
ようやく勇気を出して中に入っていたのを思い出す。

変に緊張しまくりながら。

しかしその後、そんなことを何度か繰り返していくうちに、
段々とすんなり入れるようになりましたね。

今じゃほんと何の躊躇もしなくなった。
一体あの頃はなんだったんだろうと、その頃の恐怖すら思い出せないというか。

しかしそれにしても、その後いろんな店に行ったな。
平気になってから、いろいろとカフェ巡りとやらはしました。

カフェに入るなんて、すごく小さなことですが、
こんなことからも得られたものはあります。

スポンサーリンク
 

ニートの方へ、3〜6時間労働のすすめ

ニートの人向けです。

自分は過去に一日平均4時間ぐらいのバイトをしていた時があります。
少ない時間でも仕事をするってのは、結構おすすめ出来ます。

気を少しは楽にさせると思う

少なくとも働いているっていうのは、気分を楽にさせるんじゃないでしょうか。

人によりますけど、自分は仕事をしていないってことに対して負い目を感じたりしてましたからね。
仕事をすれば、それが和らぎます。

少しの労働は健康にいいと思う

それに多少動くのは健康的にもいいと思います。

自分の場合ニートをしてて辛かったのは、
夜眠れなくなることでした。

起きる時間も遅く、日中ろくに活動もしてなければ夜眠れなくなりますよね。

ニートから脱出するために、まずは生活リズムを整えようとか思っても眠れないんです。

夜10時ぐらいに布団に入って部屋を真っ暗にしても、
ようやく眠れるのが朝方5時とかで、それは本当に辛かった。

そのへん仕事を始めれば、生活リズムを整えやすくていいです。
仕事は強制的に昼間活動せざるを得なくなりますのでね。

生活リズムを整えたければ、日中活動するのが大切です。

お金が入る

なんだかんだ少しでもお金があるのはいいです。
何かしたくなった時、お金が必要になったりしますからね。

遊びや勉強など。

これは割りと重要かなと思っていて、
自分の場合は遊びを通して克服したこともあるので、
お金を稼いでおくことはいいんじゃないかと思います。

そして出会い

これは人との出会いはもちろんですが、
自分との出会いってのも仕事をしてるとあると思います。

これは自分に合ってるとか得意だとか苦手だとか。

こんなこと自分には絶対出来ない、怖いと思ってたことが、
やってみたら意外に出来るってことが分かったり。

それは大きなことかなと。

まずはちょっとでやってみるで、いいじゃない

ということで、上記のことがあったりするんで、
短時間でも仕事をしてみることは自分はおすすめです。

あとはこんなこともあります。
http://30koetekaranoo.xyz/2015/118/

スポンサーリンク
 
1 2