2016年03月 一覧

HelloTalkいいね

HelloTalk使い始めて1週間ほどですかね。

実はたくさん話しかけたりパートナー申請してみてもスルーされまくりました。
これLINEみたいに既読システムあるんですけど、既読スルーなんてしょっちゅう。

意外とつれなくて。

でもおかげで、もう何でもいいやと無差別にメッセージを送りまくり
話しかけるのに躊躇することは全然なくなったな。

こっちが男でそれなりに歳だと、自分から送りまくらないとダメかな。
よっぽどプロフィールで興味引くようなこと書かないといけないかも。

メッセージ送る時は

「こんにちは」「いまなにしてるの?」「ごはんたべた?」「そっちはあつい?さむい?」
「○○(国の名前)ではにほんごつかうきかいある?」

こんな当たり障りないことを、日本語で送ったり英語で送ったり。
ちなみに漢字が苦手な人もいるんで、ひらがなで送ることが多い。

で、何十人と送ってればコンスタントにやり取りする相手も見つかります。

相手によっては日本語ばかり使って話してることもありますが。

とにかく、それでも今は毎日英語でやり取りする機会が出来たんで
このアプリはかなりいいなと思います。

自分から何でもいいから話しかけるのがミソです。

 
スポンサーリンク

HelloTalkを使ってみる

SkypeやLINEで少し英語で話す相手は出来たけれども

他の場所にも顔を出してみるかなと思って

試しにHelloTalkでアカウントを作ってみることにした。

これのいいとこは、チャット時に相手の文章を添削してあげられることかな。

SkypeやLINEで話してる時は、相手の間違いとかそのままにして話を続けちゃうからな。

で、このアプリを使ってる人ってプロフィールに自分の顔写真アップしてる人が多い。

そういうのは少し気が引けるところがあったんだけど

そういうことも新たに挑戦してみっかと、初の自撮りをしてみることにした。

とびっきりの笑顔でふざけて撮影してたら、一人爆笑してしまったな。

いいじゃんと、それを登録。

プロフィール文章も簡単に書いて、さぁ放置。

まー、なかなかコンタクト取ってくる人はすぐには現れないですね。

だから自分から適当に言語交換パートナー申請をしてみました。

しかもアメリカ人とかイギリス人とかじゃなくて、アラブ人とかマレーシア人だとか。

なんて言うか、よく分からん国の人の方が気になるところはあります。

さて、どうなるんだろうか。

 
スポンサーリンク

あんまりにも英語がしゃべれるようになりたくて

今までLang-8で添削した人、された人たちに友達申請送りまくったり
skype ID や LINE ID をさらしてる人に申請を送ってみた。

あとはskypeは実は話しかけられるのにビビってオフラインにしちゃってたんだけど
オンラインにして、ちょっと自分から絡んでみたりした。

なんか怖さみたいなのは、なくなってて
それよりもとにかく英語を使えるようになりたくてしょうがない。

やってみると割と出来るもんですね。
この調子で、もっとたくさん絡んでいきたいところです。

 
スポンサーリンク

自意識過剰なのよ

自分は人からの見られ方を気にしてしまう質で、何かするにも恥をかくのを怖がったり
もしくは何かをしたあとに、自分がしたことを恥ずかしく思ってどうしようもなくなることがあります。

今もまぁそんな状態になってます。

周りは何とも思ってないんですよね、きっと。
自分だけ変に恥ずかしがってる。

きっとそうだと思ってても、どうもダメだな。

いつもこいつに邪魔をされる。

この自意識とかプライドみたいなのを捨ててしまいたいよ、ほんと。

 
スポンサーリンク

とりあえず仕事が決まる

また非正規スタートだけど仕事が決まった。

今回はいろいろと書くことがあったけれども

浮かれたこと書いてダメだったらショックを受けてしまいそうだったから

いちいち書かなかった。

それにしても、今回はすごくセレンディピティを感じた出会いだったな。

ただ求人票をもらいに行くだけのつもりだった

その日は雰囲気イケメン化計画も考えてたから、
まず午前中に本を買いに行ってそれから買った本をカフェで読んでいた。

読むのが遅くて、ヘタしたらそれだけで一日が潰れそうになってしまって
ヤバイ他のこともちゃんとやらなきゃと思ってハロワへ。
今日は求人票を印刷するだけでいいやと、求人を見て少しでも気になったのを印刷していた。

そしてそろそろ終わりのページに近づいてきたなって時になってそれは現れた。

まず知ってる会社だった。ある理由でその会社のことを知ってて少し興味を持ってたんだけど
そんなとこが求人を出していて驚いた。

そして仕事内容を見たら、今まさに自分が興味のあることだった。
さらに学歴経歴資格などの条件が俺なら余裕じゃないか?って思えるような条件。

正直あんまりにも驚いた。こんなにもチャンスを感じることはなかった。
これはやばい早く応募しなきゃと、思わずすぐに紹介状をもらいにいってしまった。

さらにいい流れが

ハロワのカードを家に忘れたんだけど、それは別になくても紹介状はもらえるらしい。
運がいいことに応募者はまだ0だった。そして紹介状をもらうため職員さんに電話をしてもらうと、担当者が不在で携帯に連絡をくれるということになった。

あとで自分の携帯に連絡が来たんだけど、取って話をしていると
書類審査からって求人票には書いてあったのに、もういきなり面接しましょうか?なんて言われる。

これまたありがたかった。いい流れを感じた。
書類審査からだと、そこでお祈りされて終わる可能性があるから面接スタートの方が断然いい。

今回の就活はこんなスタートだった。

 
スポンサーリンク

漫喫で情報収集 201603

恒例、月一の漫喫で情報収集。

って言っても、またあまり情報に出会えずしかも寝てしまったので、
一部はざっと目を通したぐらいで終わってしまった。

GAME ON

gameon

お台場でゲームの企画展が開かれてるみたいです。
いろんなゲームが出来るみたいで気になります。

出会い系アプリ

とりあえず、ヒマトーーク・ワクワクだとか、あとはTinderにpairs
出会い系アプリにそういったものがあるそうですね。

pairsを使ってる人が多いみたいですが、Facebookに登録しなきゃいけないんで
ちょっと使うのに躊躇するな。

シェアハウス

sharestyle

シェアスタイルってのを見つけました。

最近はただ安く済ませるって目的でなく
繋がりを求めてシェアハウスを使う人も増えてるみたいです。

そしてそのシェアハウスも様々なコンセプトのものがあるようで賃料が高いのもあります。
むしろ豪華な家にみんなで住んでみようぜ的なノリですかね。

今回はこんなとこかな。

 
スポンサーリンク

服屋が怖い

雰囲気イケメン化計画ということで最近はそれ関係の本を読んだり、
ちょくちょく服を買いに行ったりしてます。

もともと服装を整えようとは、ずいぶんと前から思ってたことなんですよね。

身なりを整えることで、自信が付くってのは様々な本で言われていることですし、
それは自分でも実感することです。

自信が付けば、物事に対してまた積極的になれますよね。

そして雰囲気イケメンって女性にはだいぶインパクトを与えられるようで

彼女作りたいなら、まずはそこを目指すのが良さそう。

個人的にもここは、ようやくクリアすべき時が来たかなっていう思いもあります。

というのも、昔はアパレル関係のお店があんまりにも怖くて入れなかったんですよね。

服屋、靴屋、メガネ屋、美容室。

ほんと何でかわからないですけど、これらの店になかなか入れなかった。

入ったら入ったで、緊張しまくり冷や汗かきまくり。

店員さんに話しかけられるのを避け、話しかけられるとテンパる。

そんな感じだったから、ダサいと自分でも分かってるような服着てたり

穴が開いてたりほつれてたりしてる服や靴を履き続けてたな。

怖くて買いに行けなかったから。

まーそんなんは20代の時に克服したんで、今はその頃が不思議です。

店員さんとも普通にやり取りするようになりましたしね。

ということで、少しずつ雰囲気イケメン目指してます。

参考に読んでる本です。

両者は、多少違う部分があってもベースで言ってることは同じですね。

 
スポンサーリンク