2016年10月 一覧

仲良くなったフィリピンの先生2 個人レッスンを持ちかけられる

もう一人仲良くなった先生がいた。

この先生はフィリピンの先生1と一番仲のいい同僚みたいだった。
よくお互いのレッスン中、暇なとき邪魔しに来たりもしていたしね。

この先生とは爆笑しながらレッスンをしてたわけじゃないけど、
同じように割とふざけながらやってて楽しかったし、
レッスン自体はこの先生の方がなんか相性が良くてやりやすかった。

ある時、急にskypeのコンタクトリストの申請が来た。

この先生からだったんだけど、
「これ個人アカウントなんだけど登録して欲しい」って言われて登録した。

その時、自分は少しピンと来た。

これってもしかして、そういう流れになるんじゃないか・・・?って。

そして予想は的中した。

次に送られてきたメッセージは
「来月にここ辞めるんだけど、もし私でレッスンを続けたかったらやるよ!」
というものだった。

あぁやっぱりな。

その時提示された金額は、思ったほどは安くなくてまずそこに魅力はなかった。
もちろん交渉の余地はあったと思う。

で、しばらく考えたけどメリットよりデメリットの方が大きいなと思った。

まずレッスンの環境が悪くなりそうっていう不安があった。

ちゃんとしたオフィスでやってるからこそ、通信回線が良かったり電気の供給もちゃんとしている。

あとは教材とかもパソコンでシステム化されてるっぽくて、例えば生徒を選べば、すぐにその生徒の続きの場所が画面に表示されるみたいなシステムがおそらく出来ているから、これが個人となると本を使ったレッスンになりそうで効率が悪くなりそうかなと思った。

それに急に辞めるとか言い出したら困るし、
忙しいから出来ないとか言われた時、代わりに他の先生でレッスンをするってことができない。

そんな感じで考えるとデメリットの方が大きいかなって思ってお断りした。

やっぱそうやって個人レッスンを提示してくる人もいるんだなあと、その時は思った。

スポンサーリンク
 

仲良くなったフィリピンの先生1 そのうち思わせぶりなことを言ってくるようになる

すごく仲良くなった先生がいました。

その人とのレッスンでは、ほんとずっとふざけまくりで
笑いながらレッスンをしてたのですごく楽しかったな。

いつも爆笑してました。

その人レッスンが終わったあとはいつもskypeのチャットで話しかけてくるから
いいのかな・・・?と思いつつもチャットをしていた。

いつも少なくとも30分ぐらいはレッスン後にチャットしてた気がする。
全くレッスンの予約をしてない日にskypeを立ち上げた時も話しかけて来たり。

そしてなんだかすごく思わせぶりなことを言ってくるようになった。

まさか俺に気がある・・・?って思うような。

でもこっちが何も思ってなかったのと、
あとは自分が日本人だからお金持ってると思われてる?とかどうのこうのと考えて、
変に取り合わなかったんですね。

しかしよく休む人だった。

フィリピン人って、日本人の感覚からすると驚くぐらいよく仕事を休む感じがした。
休む頻度は人によるけど、この先生はよく休みを取る印象だった。

でも少しは日本人も、こうなってもいいんじゃないかとか思ったけどね。

その先生は、気づいたらいつの間にか辞めちゃってた。

もしかしたら、チャットしてたのがバレてクビになったのかな?って思ったけど、
その先生と仲良かった同僚の先生に聞いてみたら、自主退社だって言ってたな。

楽しくレッスン出来てたのにそれは残念でしたね。

スポンサーリンク
 

英会話するのが怖かった

このブログでは散々書いてることですが
自分は何か新しいことなどをやろうとするときはビビってしまいます。

英会話もまた、やろうやろうと思いつつ
怖くてなかなか出来なかったことの一つでした。

ほんと散々やるやる詐欺をしてきました。

はじめての英会話

やろうやろうと思いつつ数カ月の歳月だけがいたずらに流れていきました。

ようやく勇気をだして無料体験をすることにしたんですが、
会員登録はしたものの、なかなかレッスンの予約が入れられませんでした。

あまりにも怖くて。

一体何が怖かったんだか。そもそもしゃべるが得意じゃないってのはあったかもしれない。
失敗するのが怖いのか?それとも発音に自信がなかったのか?

無言時間が出来てしまうのは嫌でしたが、それが怖かったのだろうか?
正直どうして怖くなってしまってたのかは分からないですね。

その後、思い切って予約はしたものの最初はレッスンが始まるまでは怖すぎて何も手につかず、ずっと緊張しっぱなしでした。

レッスンが始まってもレッスン中すごく緊張していた。
何とかレッスンが終了した後、胃が痛くなったのを覚えています。

レッスン中は気づかなかったけど、だいぶ緊張してたみたいで。

そして無料体験レッスンを受けた後は、またレッスンを全然しない期間が半年以上続きました。

カランメソッドを始める

やらなきゃと思いつつも、やっぱ怖くてなかなか出来ない。

そんな状態がずっと続いて、このままじゃいかんと思ってまた探し始めたわけです。
そこで出会ったのがカランメソッドですね。

http://30koetekaranoo.xyz/2016/296/

紹介動画を見た時、何となく瞬間英作文みたいで、これにしようと思いました。
カランメソッドはどう返答すればいいかが用意されているから、自分みたいにしゃべるのが苦手な人間には良さそうとも思いました。

これならとにかくしゃべらされるから、言葉を探して無言時間が発生しないのが良さそう。

しかし会員登録後は、やっぱり怖さのせいですぐには予約を入れられず。

しばらくそんな状況が続きましたね。

あまりにもグズグズしててダメでしたが、
もういいから入れまくれやと週5、6で予約を思い切って入れまくって、
レッスンをたくさんして、それで数カ月後ようやく怖さは克服できました。

英会話のレッスンでは仲良くなった先生もいて、
初めて英語やってて楽しく感じられたりもしたな。

オンライン英会話始めて本当に良かったなって思いましたね。

こんな感じで英会話の恐怖心はそれなりに克服しました。
結局は場数を踏むことが大切なのかもしれません。

スポンサーリンク
 
1 2 3 4 5