2016年10月 一覧

たぶん失敗だ。前のめりになり過ぎたな。

出会い系でいい具合にやり取りが続いた女性がいて

てかはじめてかなってぐらいだったんだけど

感覚も似てるようなところがあったし、趣味とかも同じような感じだったし

これはと思ったら、どうもうまく行かせたい気持ちが大きくなってしまったかも。

故にちょっと前のめりになって、やり取りでミスをしてしまったかもしれん。

まだなんとも言えないけど。

あーくそーとちょっと絶望的な気分になってしまう。
変に考えこんでしまう。

で思った。

変に考え込んでしまうし余裕がないのは
一人に比重がかかりすぎてるからだ。

だから、これは失敗できないとか、どうにかうまく行かせたいっていう
思いが大きくなってしまって失敗を呼んでしまうんじゃないか。

同時に何人もの子とやり取りをすべきなんだ。
そうすればきっと余裕が生まれる。

そういや本に書いてあったよそんなこと。
今見たらLOVE理論にも愛され講座にも書いてあったよ。

今回は失敗だ。もうしょうがない。
悔しいけど次行こ、次。

スポンサーリンク
 

歯のホワイトニング行ってみた

前に言ってた歯のホワイトニング行ってみました。

こういうのって、まずはどこに行くか?ってのが問題になると思いますけど
自分は正直今回もどこでもいいやって感じでした。

なんとなく相場みたいなのは調べてわかりましたが
じゃあ具体的にどこにするかってなると迷いますよね。

で、自分はこの時ピンと来たのは

セルフバックやってるところがあるんじゃないか?
ってことでした。

セルフバックって簡単に言うと、アフィリ広告を自分自身で使って報酬をもらうことです。
これを利用するとある意味割引でサービスを受けられたり、商品を買えたりするわけですね。

自分はいくつかASPってのに登録はしてるので
早速検索すると一件セルフバックが出来るところが出てきたので即決でそこに行くことにしました。
なので行くところは割とさくっと決めることが出来た。

場所はホワイトニング東京ってとこです。

まぁセルフバック使っても、歯のホワイトニングって結構値段が高いですね。

やってもらって実際どんな感じになったかというと、
めちゃくちゃ白くなったわけじゃないですね。

黄ばみが薄くなって、多少白くなったかなって感じ。
全然変わってないってことはなくて清潔感はアップした印象ですが。

そもそも店で見せられるビデオで
某スポーツ選手のような白さにはなりませんって言われたもんな。

自分自身あんな白さは逆に違和感があって嫌で
むしろ白くなり過ぎるのを心配してたぐらいだから、それでよかった。

あと施術中痛む可能性があるって言われてちょっと心配したけど、施術中は痛みが出なくてよかった。
終わった後に痛みが出たけどね。

さて、とにかくこれで見た感じの清潔感は増したかな。
自分としては十分満足ですね。

スポンサーリンク
 

最初のころは英語の勉強はなかなか続かなかった

勉強を継続するってなかなか難しいですよね。

自分も英語学習が最初からスムーズに続けることが出来たわけではなく、
最初の頃はやったりやらなくなったりでした。

一時期、気持ちの高まりから本気になったこともありましたが、
結局挫折してしまって、その後3年ぐらい勉強しなくなった時期もあります。

英語の勉強と挫折

すぐに結果が欲しかったがゆえに最初に手を出したのは、
初心者には難しい教材でした。

結局その参考書はすぐに挫折。

その後レベルを落とした教材をやることにしたんですが、
まあ舐めていたのと結果をすぐに求めてしまっていたので

「こんなもんずっとやっていたくない。さっさと終わらせて上位の教材に進もう」
といった感じで勉強をしていました。

初歩レベルでモタモタとやっていたくなかったのですね。
すると一つ一つがいい加減なやり方になってしまいました。

そして4回繰り返したら、その初歩レベルの教材は終わりにしようと思ってたのに、
いざ4回目に入った時、ほとんど内容を覚えてないことにショックを受てしまった。

そして「あと何回やらなきゃいけないんだろう・・・」と呆然ぼうぜんとしてしまい、
そのまま勉強が止まってしまったんですよね。

その後は英語の勉強をしない日々が続いてしまい、
机には英語の参考書が積まれたままの状態になりました。

「あぁ英語やってないな・・・」と思いつつもなかなか参考書に手が伸びず、
モヤモヤと心残りになってしまった。

毎年、年末になると
「あぁ今年一年英語の勉強を続けていたら・・・」
そんなことを考えたりもしてましたね。

3年越しの再挑戦

それから約3年後、やっぱやり遂げたいという気持ちが湧き上がってきて英語の勉強を再開。
今度は地道に少しずつ進んでいくことしました。

結果を焦ると同じ失敗をすると思ったからです。

ただ「こんなスピードで本当に英語が出来るようになるのだろうか?」
と、途中焦りや気の遠くなるような思いはしたなぁ。

それでも出来るのは、とりあえず淡々と勉強を続けることだけでした。

結果はなかなか見えてこなかったんですが、勉強を継続するようになって数カ月経ったころ

「英語の勉強を続けることが出来ている」
ということそのものが嬉しく感じられたのを覚えています。

そんなことは今まで出来ていなかったわけですからね。

その嬉しさを感じられたのが、英語の勉強を継続するのにプラスに働いたと思います。

スポンサーリンク
 
1 2 3 4 5