2017年04月 一覧

自分の資質はなんだろう。ストレングス・ファインダー2.0をやってみた

ストレングス・ファインダーというものを知った。

これをやると、自分の資質が分かるそうだ。
結局自分は何が向いてんだろうねと、思いを馳せることもあるんで
試しにやってみた。

すると結果はこうなった。

1. 回復志向
2. 内省
3. 公平性
4. 調和性
5. 収集心

資質は34個あるんだけど、その中で自分のトップ5がこれ。

どれもなんとなく自分の特性として納得が出来る。
これらにはなんとなく自分でも前から気づいてたけれど
改めて再認識した感じ。

さて、
ヒーラーにでもなるかな。

ゲームだと回復役だけど、実際友達とゲームやるとそんな役割になるもんね。
そういうのがいいのかもね。

実はこれは恋愛にも役立つんじゃないかと思ってたりする。
目指すなら塩むすび系がいいみたいだしね。

なんくるないさ。
みたいな。

まぁ落ち着くとか、癒されるだとか過去にいわれたりもあるんだ。
ちょうどいい資質かもしれんな。

この「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」は
最近発売されたばかりなんだけど、原書が出たのは10年前の2007年なんだとか。
翻訳されるのは遅いんだね。

この本自体は読むところは少なめだったな。
それぞれの資質についての解説で多くのページが占められていた。
自分の資質以外は読まなかったからね。

ただ最初のほうに書いてある
欠点の克服に時間を費やすんじゃなく、強みを伸ばすべきだってのは
ほんとそうなんだよねと思う。

自分は苦手なものの克服ばかりしようとしてる気がするから。

スポンサーリンク
 

少しずつスピードが上がってきた

親指シフトもだいぶ身についてきた。
キ-配置の画像もあまり見ないでも打てるようになってきてる。

ただ、今は1分に30文字程度の速度。
ロ-マ字打ちだと200文字ぐらいだったから、まだまだかなり遅い。

でもこういうのを黙々と練習してるのはなかなか好きだな。
なにか身につけてくのが好きなのかもね。

昔タッチタイピングの練習をしてた時の話だけど
2、3年ぐらいほぼ毎日新聞をタイピングしながら読んでいた時があった。

世の中を知るために新聞でも読んだ方がいいかなと思って始めたんだけど、
記事をタイピングすること自体がなんだか楽しくてしばらく続けていたな。

タッチタイピングはそのときにだいぶ身についた。

e-typingのスコアは500を超えられなかったけれど。

スポンサーリンク
 

生産性が倍になる!? 親指シフト始めてみた

やぁ、親指シフトって知ってるかい。

これ使うと日本語入力が速くなるんだって。

今まさにそれ使ってるけど

くそ時間かかてるよ。

ubuntuで使うならibus-anthyよ。

あとエディタのAtomで何か書くときはMarkdownってのも使い始めたよ。

これの影響だ。

スポンサーリンク
 
1 2