2017年11月 一覧

モテるマンガがクソ面白い

最近久しぶりにモテに関する本でも読んでみようかね
といろいろ買ってみたんだけど

その中でモテるマンガが自分の中でツボだった。

モテについて書かれていることもいいんだけど
それよりとにかくウケる。

普通にギャグ漫画としておもろいわ、これ。

スポンサーリンク
 

とりあえず順調に消化

本は読み返しながら売ってるからちょっと時間かかってるけど、
もうだいぶ売って残りは十数冊程度になった。

逆に自分がメルカリで本を買って少し増えたりもしてる。
これも読み終えたらまた売る予定。

また売れることを考えると電子書籍じゃなく紙の本もいい。
オークションやフリマアプリ使えばいわば擬似ぎじレンタルになる。

前から思ってたけど、ゲームもこれを活用すれば新作も安くなるのを待たずに
数百円から数千円程度で遊べるだろうな。

出品して発送するのにかかる時間は10分もかからない。5分でもいけるかな。
本やゲームソフトならそんなに手間はかからないし。

あとなかなか売れなかったものはブックオフに持っていった。

ほとんどは捨て価格ではあっても、ものによってはブックオフの方が高かった。
出たばかりのコミック本はブックオフの方が高いかな。

コミック本は運営に取られる料金と送料・梱包費を考えると、
自分の手元にはあまり残らないから。

例えばコミック本は新品432円でしょ。
フリマで買ってくれそうな値段っていくらだろうね。
出たばっかでも買い手としては50円ぐらい安く手に入れたいんじゃないか?
と考えると380円ぐらいか。

10%運営に取られて380-38=342。
送料梱包費は大まかに200円ぐらいになるので342-200=142。
この142円が自分の手元に残る金額。

ブックオフで新し目のコミック本が200円で売れたので、
額面ではこっちの方が良い。発売後すぐ売ればもっとかもしれない。

まぁ200円のためにブックオフ行くのは無駄だよねって判断もあるが。
それはその人の時間の価値観で変わると思う。

あとメルカリ上で飽和状態で値崩れ起こしてるものもブックオフの方が高かった。
ただブックオフで査定してからどっちで売るか判断するのは手間なので運みたいなもんかなと。

さて本処分し終わったら雑誌もどうにかしないといかんな。

スポンサーリンク
 

値下げ交渉を受けて思ったこと

メルカリでは値下げ要求は当たり前に来ますが、
自分が値下げ交渉を受けてみて少し思った。

たまに何でそんな値段で交渉してきた?
っていうぐらい安い値段で交渉してくる人もいる。

もしかしたら大幅に要求して、中間点を狙ってるのかもしれないけど。

でも、やっぱ何でもかんでも言えば値下げしてもらえるかって言ったらそうもいかず、
こっち側の利点みたいなのを考慮してないとダメなんじゃないか。

例えば自分が値下げに快く乗るとしたら

  • 相場程度の値下げ要求
  • セットにすると送料や梱包費が節約出来る
  • なかなか売れなくて、さっさと手放したくなっている

小売店とかだと他にも色々あるだろうけど、
自分の場合は、これらに合致するときは交渉に乗るのに全然抵抗がない。

逆に明らかにこれに合わないような要求だと乗る気になれなかったりする。

今日はそんな要求が連続で来たんだけど、

それに乗らなくても別の誰かがこのままの値段で買ってくれるだろうしなと思ったから、
何もコメントすら返さず放置した。

すると案の定すぐに別の人に買われた。

コメント来ると、返事しなきゃダメかな?
と思ったりするけど、いちいち相手しなくていい時もあるかもね。

スポンサーリンク
 
1 2 3