2018年01月 一覧

この国の息苦しさの正体

自己愛が低い人は、自分より弱い人に厳しくなる傾向があるという。

例えば
生活保護叩き
みたいな。

自分自身が満たされていれば、そういうことをせず
さらに自分が満たされるようなことをするらしい。

いい意味での嫉妬感情を持つために必要なのは2つ。

  • 希望
  • 自己肯定感

自分でも出来るという気持ちがあれば、何か自分よりすごい人を見ても、
俺だってやってやる!という自分を高める感情に変わりやすいのだそう。

このおかげで自分を向上させることが出来るので、
このような嫉妬感情を持つことはいいらしい。これをジェラシーという。

こうはならないのはエンビーと言われていて、人の足を引っ張るような行動をすることになる。
ただし、人の足を引っ張ったところで自分自身が変わるわけではないので結局同じことの繰り返し。

次から次に別の対象を求めるのみになる。

他に語られていたのは、不安感情が判断力を奪うという部分で、
そうならないために自分の感情について押さえつけ過ぎないことが大事なことの一つ。

適度にガス抜きは必要。

そして予期不安のストレス。

予期不安とは何か起こる前から悪い結果を予想し、自縄自縛じじょうじばくに陥ることでそれを小さくする方法は、

  • 不安を話してしまう
  • とにかくやってみる

あと重要なのは完璧主義・完全主義に陥らないということか。
こうでなきゃいけないとか、完璧でなきゃいけないと思ってしまうと動きが鈍くなってしまう。

ある程度の雑さでいることで、あまり自分を追い込み過ぎないのが大切ということらしい。

スポンサーリンク
 

専門家に言われたら従う

薬局に薬を買いに行った。

適当に葛根湯とかぜ薬をレジに持っていくと

「これ2つ同時には飲めないですけど大丈夫ですか?」

と言われる。

それに対して自分は反射的に
「大丈夫です」と応えた。

自分はこういう時ついつい大丈夫ですと言ってしまうところがある。
どうでもいい気がしてしまってそうなるのかな。

しかし、大丈夫ですとは言っても店員さんからすればダメだと思ったんだろうね。
「どんな症状なんですか?」と続けて聞いてきた。

昔なら別にたいしたことないっすよ。
とか言って、とにかくいいから会計を済ませてくれと思ったかもしれない。

何気なく症状を話してみると
「それならこれがいいですよ」
と、別の薬を出してくれた。

そんで、それに従ってその薬を購入することにした。
相手は薬剤師で知識もあるんだろうから、その通りにしたほうがいいよねと。

しかし素人はいかんな。
滋養強壮の栄養ドリンク+薬ぐらいの感覚で普通に葛根湯と風邪薬両方飲んでたわ。
正直用法なんて飲むタイミングと個数ぐらいしか意識してなかった。

わかってる人の意見を聞くのは大切だね。

スポンサーリンク
 

2018年はどうしようか

車窓から初日の出

新年ですね。

最近いろいろ本読んでて、自分がよく目にして心に残るのは

自分を知ること。
強みを活かせる場所を見つけること。

自分が何やりたくて、どんな能力があって、
あとは自分はどんなことで満足するのかを知るのも大切だと思う。

他の人はこう言ってるけど、自分はこうだなと思ったら、
その自分の考えで進んでいけばいいんじゃないか。
自分が満足する方法をやっていけばいいと思ったりする。

もう一つ強みを活かせる場所。
自分にとってお気楽な環境というかね。

環境というのはとても大切なようで、
物事をうまく行かせるには自分がいい動きが出来る場所を見つけ出さないといけない。

それらを見極めるためには相変わらず試行錯誤が必要なんだろう。

ということで、今年もまた自分が興味を持ったことや、
やったことないことをやってみたりする一年になるかなと。

で、抱負・目標か。
身につけたい知識スキルはたくさんある。

大切なのは、その目標を達成するのに日々何をするのかってところだと思っている。
結局地味だったり泥臭いことだったりを続けないといけないだろうしね。

あとは相変わらずで上げる恋人作り、一人暮らしかね。
これはとりあえずぶち上げただけみたいな気分だが。

とにかくまたいろいろやることだね。

スポンサーリンク
 
1 4 5 6 7