2018年02月 一覧

セレンディピティ 偶然の幸運に出会うことについて

セレンディピティという言葉がある。

これは「偶然幸運に出会う能力」のことらしく、
そんな偶然の幸運に出会うにはどうしたらいいかというと、
とにかく動くことなんだそうな。

そういえばブログに書いてなかったことで、こんなことがあったなというのを
ふと思い出したので、そのお話。

前にセレンディピティについてちょっとだけ書いたことがある。

ライブ行ったら客は自分1人だった
昔、仕事で知り合った女性からライブやるから来て下さいっていうメールが来ていた。実はちょくちょくその人からのお誘いメールは来てたんだけ…

この時は別になんも起こらんかったなぁという感じで終わったんだけれど、
実は続きがあった。

ある時街を歩いていると

このライブに行ってから半年ぐらい経ったある時、
夜中に街を歩いていると、聞き覚えのある音楽と歌声が聞こえてきた。

えっ、まさか?

そう思ってその音のする方に行ってみると、
ライブ行った時に「なんかいいなこの人」と思ったアーティストさんが路上でギターを弾いていた。

こんなとこで路上で歌ってんのか!w

あまりに驚いた自分は、
その後その人の隣に腰掛けて「調子はどうですか?〇〇さん」と話しかけた。

すると驚いた顔で
「どこかでお会いしましたか?」と言われた。

「ええ、ライブで」

そしてその後はしばらく話をしたり、歌を聞かせてもらったりした。

そのころ丁度、自分はアコギが欲しくなってたので、
アコギ欲しいなと思ってるんですよねと言ったら、
いい店知ってますよ!と、お店を教えてもらえた。

そして、
買ったら一緒に練習しましょうよ!と誘われた。

それもなかなか面白そうだなとその時は思った。

そしてこれに続く

アコギ最高!
自分は高校生のころにギターをやってたことがあります。最近また弾きたくなって中古のアコギを買いました。まぁ最高ですね。…

教えてもらったお店でアコギを購入したわけだけど、
実はお金がなかったのもあって、教えてもらってから数ヶ月が経ってたんだよね。

で、その頃にはアーティストさんは
全国放浪の旅に出てしまっていた。

というわけで、一緒に路上で練習するということはしなかった。

あの時、彼がまだあそこでギター弾いてたら一緒にやってたのかなと思うと、
それからどんなことがあったんだろうなと思ったりする。

動いていると確かにセレンディピティ的なことは起こったりするもんだなと、
この時のことを思い出して思ったな。

点と点をつなげる connecting the dots

ちなみにもっと言うと、元々はこれに関係していた。

僕はそれをジャブと呼んだ。女性に自分から話しかける効果について
まだ女性と話すのにあまり慣れていない時 チャレンジと称して自分から話しかけてみるワークをしていたことがある。登録型派遣。日…

こんなことしてたから、こういうことが起きたんだよね。

スティーブ・ジョブズのconnecting the dotsの話みたいに、
点を打ってると、それが何かに繋がるという不思議なことも起きるわけですな。

スポンサーリンク
 

紙のデジタル化でお部屋スッキリ

またまたライフハック。

紙をデジタル化しようってことで、
紙のまま放置されていたもので残したいものはスキャンすることにした。

これが意外とたくさんあった。

自分の場合、使うのがプリンターに備わってるスキャナで
片面1枚スキャンするのに20秒程度かかる。

本で紹介されているiX500は両面で1分25枚だから効率が全然違うねぇ。
お金を使えない人は時間を使うしかない。

地道に時間をかけてスキャンしたら、あとは処分。

カードの番号とかパスワードが書かれているような紙もあって、
そういうのはハサミでかなり細く切り刻んで捨てた。

シュレッダーもあると便利だろうなと思った。

処理を終えたら、かなりスッキリした。
紙のデジタル化もやっていったほうがいい習慣かなと思う。

雑誌や本なんかもデジタル化したいところだけど、
今の環境でやるのはきつい。

選択肢はいろいろあって

こんなところかな。

今日は紙以外もいろいろ処分していて一日を終えてしまった。

スポンサーリンク
 

poketやinstapaperを使い始めたら、英語に触れる機会が増えた

pocketやinstapaperのユーザー登録をして以降、
ちょくちょく英語の記事を紹介したメールが飛んでくるようになった。

タイトルを見てると、つい気になってしまって
最近はそれらを読んだりしている。

スクリーンに向かってる時間が長いと幸福度が下がる

最近はスマホやタブレット、そしてPCがあるのが当たり前の状態で、
それらに向かわない日ってのはないんじゃないか。

記事によると、そういうものに向かってる時間が長いほど、
幸福度は下がる傾向にあるという。

現実に何かをやってたほうが幸福度は上がるのだそう。

しかし全くそれらを断つというより、
何事もほどほどにしたほうがいいという結論だったな。

まあネット上でもちょくちょく見ることですね。
ある程度ネットを断つのも大切なのかも。

What might explain the unhappiness epidemic?

何かを学ぶ時の一番の方法

子供に教えるような形で説明出来るようにする。

自分が分かってると思ってることを、
他の誰かに簡単な表現で説明したり、教えたり出来るか?

そこをとことん自分に追及することで、
物事をちゃんと理解することが出来るということです。

この方法は、いろんなとこでも見ますし
自分でやってみても効果の大きさは実感できます。

まあ若干面倒くさい部分はあるんですけどね。。
これを普段から意識すべきだろうなとは思います。

The Feynman Technique: The Best Way to Learn Anything

リーディング教材として丁度いい

ライフハックや啓発的な内容のものは割と好きなので、
なんだか丁度いい英語のリーディング教材が得られた感があります。

自分の興味あるものであれば、
なかなか楽しく読んでしまうもんですね。

スポンサーリンク
 
1 2 3 4 5