百獣の王

どうも、
急に百獣の王を目指し始める自分を想像したら
仕事中吹き出してしまった糸くずです。詳細

さて、3月の頭から始めたブレイクダンスは以降毎週続けています。
元々体を動かすのは好きだから、ただ練習してるだけでも楽しい。

それにこういうのを黙々と練習してるのも昔から好きで
古くはジタ-リングとかフリースタイルリフティングなんかも練習してたことがあったりする。

ブレイクダンスなんか、かなり昔からやってみたいと思ってたことだから
やる機会が得られたのはすごくありがたい。

これがまた不思議というか、ふと目の前に現れた感じなのよね。

自分はこんな感じに思いついたこととか、やってみたいことや目標なんかを
ノートに無造作に書いてたりするんだけど
ブレイクダンスっていう言葉は複数のページに渡って10回以上書いてあった。

何て言うか、何度も書いてるとそれに対する意識が強まって
潜在的にいつかはやるぞ、みたいになる気がする。

だからその機会が目の前に現れたときに
これだ!と動き出せたというかね。

今回はそんな感じのスタートだった。
見つけたのもほんと偶然。

さてさて,
ダンスもいつものごとく淡々と続けて
まずはウィンドミルでも出来るようになりたいもんですな。

 
スポンサーリンク

自分の資質はなんだろう。ストレングス・ファインダー2.0をやってみた

ストレングス・ファインダーというものを知った。

これをやると、自分の資質が分かるそうだ。
結局自分は何が向いてんだろうねと、思いを馳せることもあるんで
試しにやってみた。

すると結果はこうなった。

1. 回復志向
2. 内省
3. 公平性
4. 調和性
5. 収集心

資質は34個あるんだけど、その中で自分のトップ5がこれ。

どれもなんとなく自分の特性として納得が出来る。
これらにはなんとなく自分でも前から気づいてたけれど
改めて再認識した感じ。

さて、
ヒーラーにでもなるかな。

ゲームだと回復役だけど、実際友達とゲームやるとそんな役割になるもんね。
そういうのがいいのかもね。

実はこれは恋愛にも役立つんじゃないかと思ってたりする。
目指すなら塩むすび系がいいみたいだしね。

なんくるないさ。
みたいな。

まぁ落ち着くとか、癒されるだとか過去にいわれたりもあるんだ。
ちょうどいい資質かもしれんな。

この「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」は
最近発売されたばかりなんだけど、原書が出たのは10年前の2007年なんだとか。
翻訳されるのは遅いんだね。

この本自体は読むところは少なめだったな。
それぞれの資質についての解説で多くのページが占められていた。
自分の資質以外は読まなかったからね。

ただ最初のほうに書いてある
欠点の克服に時間を費やすんじゃなく、強みを伸ばすべきだってのは
ほんとそうなんだよねと思う。

自分は苦手なものの克服ばかりしようとしてる気がするから。

 
スポンサーリンク

少しずつスピードが上がってきた

親指シフトもだいぶ身についてきた。
キ-配置の画像もあまり見ないでも打てるようになってきてる。

ただ、今は1分に30文字程度の速度。
ロ-マ字打ちだと200文字ぐらいだったから、まだまだかなり遅い。

でもこういうのを黙々と練習してるのはなかなか好きだな。
なにか身につけてくのが好きなのかもね。

昔タッチタイピングの練習をしてた時の話だけど
2、3年ぐらいほぼ毎日新聞をタイピングしながら読んでいた時があった。

世の中を知るために新聞でも読んだ方がいいかなと思って始めたんだけど、
記事をタイピングすること自体がなんだか楽しくてしばらく続けていたな。

タッチタイピングはそのときにだいぶ身についたよ。

まぁe-typingではスコアで500を超えたことはないんだけどね。

 
スポンサーリンク
1 2 3 4 5 66