いろんなことをやっていて、いいなと思うこと

昔、本か雑誌を読んでいた時に

自分の居場所を複数持つと良い。
といった内容を見つけた。

それが一つのきっかけで、色んなことをしたりしているんだけど、
実際そういうことをしてみていいなと思ったのは

どれかでいいことがあると、それで気分は良くなる。

ということ。

例えば、
昔オンライン英会話ですごく仲のいい先生がいて、
その人とレッスンしてる時は爆笑しまくりだったんだけれど、

フィリピンの先生1
すごく仲良くなった先生がいました。その人とのレッスンでは、ほんとずっとふざけまくりで笑いながらレッスンをしてたので楽しかったな。…

そんな時間を過ごすと、仕事がつまらないとか嫌なことがあったときでも、
それだけでその日は気分がだいぶ良くなったのを思い出す。

今もそういうことはよく起きる。

やってることのどれかでいいことが起きれば、
それで一日良い気分で過ごせたりする。

勉強で結果が出たときや、
マッチングアプリで、いいなと思った子とマッチングして会話がうまくいってるときとか。

今はダンスを何人かで練習してるけれど、
そんな仲間と一緒にやってるのも楽しい。

いろんなとこに自分の居場所を作るってのは、確かにその通りいいことだなと思う。

 
スポンサーリンク

半年だけ働く

そんなタイトルの本を読みました。

そうなるには、どうしたらいいかというと。

フリーランスとして働ける職種で独立を目指す。
コンサルタントやITエンジニアなど「知識産業」と呼ばれる領域の職種がそれに適している。

その職種でまずはサラリーマンとして企業で働いて、独立するためのスキルを得る。
大企業などトップクラスの企業で働いた方がいろいろと都合が良い面がある。

十分通用するぐらいになったところで会社を出て、
その後はフリーランスとして一定期間働くスタイルを取る。

簡単に言ってしまうとこんな感じ。

現実的で得意なことで稼ぐってのをポイントとしてますね。
ちゃんと下地を作ってから独立しようという現実路線の考え方です。

ここら辺はノマドライフを読んだ時も少し驚いたのを思い出すな。
驚いたというか自分には少しハードル高めか?と思ったというか。
意外とちゃんとしたことやってんだな。みたいな。

この本には好きなことで稼ぐ方法も載ってましたが、
著者としては好きなことで食ってくのはなかなか難しいという認識のようです。

得意なことでがっつり稼いで、それ以外に好きなことをやって、そっちではお金になったら儲けもんぐらいの気持ちで取り組んだ方がよいんじゃないかとのことです。

 
スポンサーリンク

小さな習慣が人生を変える

そんなことが書かれている本を購入した。

毎日の行動を、毎日数分で実践できるような小さな近道で入れ替えてゆくだけで、やがて大きな変化を生み出すことが出来るのだそうだ。

それはライフハック

ライフハックは、人生を変える小さな習慣です。大きな目標がある場合でも、人生を大きく変えたいと思っている場合でも、実行できるのは一見つまらない、小さな行動からという考え方です。

実際日々やることは結構地味だと思う。

自分がTOEICで900を超えた道のりも、
最初は英語の教科書を毎日1レッスンだけ地道に進めていったのがスタートだった。

その時とてもお世話になった英語の教科書。

習慣を変えるには「続ける」必要はない

おっと意外なのが来た。なぜだろう。

新しい習慣を身につけるということは、これまでにない新しい行動を人生に取り入れるということです。まずは「行動」ができるかどうかが問題であって、「継続」それ自体には意味がありません。

そして、最初は継続を意識するよりも「やめないこと」、つまりは行動をゼロにしない工夫を試すのがよいとのこと。

そのためには
試す行動を、努力ややる気などに依存しないこところまで小さくすること。

これは習慣に関する他の本なんかにもよく書いてありますね。
一気にたくさんやろうとせず。とことん小さくして嫌になってしまうのを防ぐ。

こんな小さなことで何が変化するんだ?結果が出るのか?って思えてしまうぐらい小さくしてしまって
まずはやめないを目指すのがいいのかもしれませんね。

 
スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 7 89