大量採用1割残ればよいというのは、ヤバイように思えて実はいいやり方なんじゃないかと思う

いつも大量採用をし続けている会社というのがある。

そういうとこってすぐに人が辞めるから量に取ってるんだろうということで、求職者からするとヤバイ会社に思えるけれど、実は全部の会社がこんな感じの採用方法を取ったほうがいいんじゃないだろうかと、ふと思った。

残酷すぎる成功法則でも、成功するのにいいのは、
質じゃなく量をこなすこととある。

とにかく試行錯誤することが成功に繋がるということだけど、
これ、人材の採用でもそうなんじゃないだろうか。

うちは今年は1人だけ採用するから厳選してくれ。
なんて言われたら、自分が人事採用担当だったらどうするか。

責任重大なので下手なことは出来ない。
かと言って人を見極めるのは難しい。

そんな状態では結局無難に、なんとなくこの人出来そうっていう人を採用するか、
とにかくスーパーマンを選ぼうとしてしまうんではないか。

それじゃ多様に人材を試しに取ってみるということは出来ないよね。
この人出来そうってのを取ってしまう。

ということで画一的な人選となってしまうと。

ある意味無駄ではないか。

仕事って「よくわからないけど、やってみてよ」で人にやらせることもあるでしょ。
そんなエピソードって度々見る。

ITといえばアメリカのシリコンバレーだけど、
ここでも、デカくなるかどうかわからないけど、とにかく投資してくれる
エンジェル投資家がいて、そういう人がお金出してやらせてくれるおかげで、
イノベーションを起こすような企業が出てくる。

そういう人たちだって、どれがすごい企業になるかどうかなんて分からないって言ってるみたいだし。

ちょっとズレたかも分からないけど、
人材についても同じなんじゃないか。

やらせてみないと分からない。

やらせてみて、その人に適正があったり、会社の雰囲気になじんでたり、
あるいはその人自身が会社の仕事を楽しんでたりするのをみて、
そのままやらせて良さそうだと判断したほうが、お互いにいいんじゃないか。

採用される側もお試しといろんな会社を試せる。
会社を厳選し過ぎる必要がないわけだ。

ダメだったら、別にいけばよいと。

たくさん試せば試すほど、適正などは発見しやすいはず。

雇用者も労働者も同様に。

だから大量採用1割残れば良いというやり方は、
両者に取って都合がいいんじゃないだろうか。

ということで企業は厳選せずたくさん採用をするべきで、
ということは雇用の流動性の高さは必要である。

スポンサーリンク
 

セレンディピティ 偶然の幸運に出会うことについて

セレンディピティという言葉がある。

これは「偶然幸運に出会う能力」のことらしく、
そんな偶然の幸運に出会うにはどうしたらいいかというと、
とにかく動くことなんだそうな。

そういえばブログに書いてなかったことで、こんなことがあったなというのを
ふと思い出したので、そのお話。

前にセレンディピティについてちょっとだけ書いたことがある。

ライブ行ったら客は自分1人だった
昔、仕事で知り合った女性からライブやるから来て下さいっていうメールが来ていた。実はちょくちょくその人からのお誘いメールは来てたんだけ…

この時は別になんも起こらんかったなぁという感じで終わったんだけれど、
実は続きがあった。

ある時街を歩いていると

このライブに行ってから半年ぐらい経ったある時、
夜中に街を歩いていると、聞き覚えのある音楽と歌声が聞こえてきた。

えっ、まさか?

そう思ってその音のする方に行ってみると、
ライブ行った時に「なんかいいなこの人」と思ったアーティストさんが路上でギターを弾いていた。

こんなとこで路上で歌ってんのか!w

あまりに驚いた自分は、
その後その人の隣に腰掛けて「調子はどうですか?〇〇さん」と話しかけた。

すると驚いた顔で
「どこかでお会いしましたか?」と言われた。

「ええ、ライブで」

そしてその後はしばらく話をしたり、歌を聞かせてもらったりした。

そのころ丁度、自分はアコギが欲しくなってたので、
アコギ欲しいなと思ってるんですよねと言ったら、
いい店知ってますよ!と、お店を教えてもらえた。

そして、
買ったら一緒に練習しましょうよ!と誘われた。

それもなかなか面白そうだなとその時は思った。

そしてこれに続く

アコギ最高!
自分は高校生のころにギターをやってたことがあります。最近また弾きたくなって中古のアコギを買いました。まぁ最高ですね。…

教えてもらったお店でアコギを購入したわけだけど、
実はお金がなかったのもあって、教えてもらってから数ヶ月が経ってたんだよね。

で、その頃にはアーティストさんは
全国音楽放浪の旅に出てしまっていた。

というわけで、一緒に路上で練習するということはしなかった。

正直まだあそこでギター弾いてたら一緒にやってたのかなと思うと、
それからどんなことがあったんだろうなと思ったりする。

なんか動いていると確かにセレンディピティ的なことは起こったりするもんだなと、
この時のことを思い出して思ったな。

点と点をつなげる connecting the dots

ちなみにもっと言うと、元々はこれに関係していた。

僕はそれをジャブと呼んだ。女性に自分から話しかける効果について
まだ女性と話すのにあまり慣れていない時 チャレンジと称して自分から話しかけてみるワークをしていたことがある。登録型派遣。日…

こんなことしてたから、こういうことが起きたんだよね。

スティーブ・ジョブズのconnecting the dotsの話みたいに、
点を打ってると、それが何かに繋がるという不思議なことも起きるわけですな。

スポンサーリンク
 

紙のデジタル化でお部屋スッキリ

またまたライフハック。

紙をデジタル化しようってことで、
紙のまま放置されていたもので残したいものはスキャンすることにした。

これが意外とたくさんあった。

自分の場合、使うのがプリンターに備わってるスキャナで
片面1枚スキャンするのに20秒程度かかる。

本で紹介されているiX500は両面で1分25枚だから効率が全然違うねぇ。
お金を使えない人は時間を使うしかない。

地道に時間をかけてスキャンしたら、あとは処分。

カードの番号とかパスワードが書かれているような紙もあって、
そういうのはハサミでかなり細く切り刻んで捨てた。

シュレッダーもあると便利だろうなと思った。

処理を終えたら、かなりスッキリした。
紙のデジタル化もやっていったほうがいい習慣かなと思う。

雑誌や本なんかもデジタル化したいところだけど、
今の環境でやるのはきつい。

選択肢はいろいろあって

こんなところかな。

今日は紙以外もいろいろ処分していて一日を終えてしまった。

スポンサーリンク
 
1 2 3 4 5 6 7 8 99