雰囲気イケメン化計画

ということで最近はそれ関係の本を読んだり、ちょくちょく服を買いに行ったりしてます。

もともと服装を整えようとは、ずいぶんと前から思ってたことなんですよね。

身なりを整えることで、自信が付くってのは様々な本で言われていることですし、

それは自分でも実感することです。

自信が付けば、物事に対してまた積極的になれますよね。

そして雰囲気イケメンって女性にはだいぶインパクトを与えられるようで

彼女作りたいなら、まずはそこを目指すのが良さそう。

個人的にもここは、ようやくクリアすべき時が来たかなっていう思いもあります。

というのも、昔はアパレル関係のお店があんまりにも怖くて入れなかったんですよね。

服屋、靴屋、メガネ屋、美容室。

ほんと何でかわからないですけど、これらの店になかなか入れなかった。

入ったら入ったで、緊張しまくり冷や汗かきまくり。

店員さんに話しかけられるのを避け、話しかけられるとテンパる。

そんな感じだったから、ダサいと自分でも分かってるような服着てたり

穴が開いてたりほつれてたりしてる服や靴を履き続けてたな。

怖くて買いに行けなかったから。

まーそんなんは20代の時に克服したんで、今はその頃が不思議です。

店員さんとも普通にやり取りするようになりましたしね。

ということで、少しずつ雰囲気イケメン目指してます。

参考に読んでる本です。

両者は、多少違う部分があってもベースで言ってることは同じですね。

 
スポンサーリンク

ライブ行ったら客は自分1人だった

昔、仕事で知り合った女性からライブやるから来て下さいっていうメールが来ていた。

実はちょくちょくその人からのお誘いメールは来てたんだけど

全然行ってなかったんだよね。

今回はちょっと折れてというか、たまには行こうかっていう気分だったのと

動くと何かあるかなというセレンディピティを期待して行ってみることにした。

ちなみにセレンディピティってのは「偶然幸運に出会う能力」のことで

茂木健一郎氏が、このことについて昔雑誌の連載で書いてたのを読んでいた。

簡単に言ってしまうと、とにかく動けば何かに出会うから動こうみたいな感じ。

逆に言えば、動かなきゃ何も起こらんってことかな。

そんで会場に行ってみると、

こ、ここでいいんだよな・・・?みたいなとこで

しかもライブスタートってなった時の客が自分一人という。

おい、マジか(笑)

まーそれでも気まずいとまでは思わなくて、歌を聴いてたんだけど

手拍子したり手を振ったりとか、やらされてる感、やってあげてる感がすごくて

あれ、何してんだろう俺みたいな(笑)

それで何かセレンディピティはあったかというと、

他にも別の人が歌ったりしてたんだけど、なかなか好きな感じのアーティストがいて

聴き入ってしまったってぐらいかなぁ。

それ以外は特になかったかな。

思い出すと笑ってしまうけど、ほんと今日は何だったんだか。

 
スポンサーリンク

勉強ばかりしてしまう

ついつい勉強ばかりの一日を過ごしてしまう。

昨日も今日もWebとかJavascriptの勉強ばかりしてたんで目が痛い。

もちろん英語も。

ただ楽しいからってよりかは、覚えたくてやってしまう感じかな。

あとちょっと現実逃避も含まれてるかもしれない。

そうそうLang-8は始めてから毎日書いてて、投稿数は30ちょい行ったぐらいなんですけど

続けてるとLang-8内でフレンドが増えたり、

あと自分のプロフィールでskypeID晒してると、コンタクトリストの申請が来て

英語でやり取りする相手が少しずつ増えますね。

Lang-8始める当初、もしかしたら話し相手とか出来るかも?って思ってたんですが

実際そういう相手は出来るみたいです。

まーそういう人が欲しけりゃ相手見つける方法ってか場所はいっぱいありますけどね。

HelloTalkみたいなアプリ使うとか、omegleとか、language exchange系のサイト使うとか。

ただ多少積極性が必要ですよね。

Lang-8のいいとこは、続けてると向こうから申請が来ることかな。

ちょっと受け身でも相手が増えるみたいなね。

まぁその後が大切なんだけれども。

 
スポンサーリンク
1 59 60 61 62 63 64 65 75