フィリピンの食べ物 バロット

たまにはカランメソッド以外のレッスンでもやってみようかなと思って
日常会話を選んでみたら先生に簡単過ぎるからもっと別のレッスンやった方がいいよと言われてしまった。

そんでレッスン中は教材の内容はあまりやらず別のおしゃべりばっかになっていた。

フィリピンにはバロットっていう食べ物があるんだそうだ。

これ、ゆでたまごみたいなんだけど
ちょっと気持ち悪いのは、少し育った状態でゆでたまごにするってところ。

要するに若干ひよこになった状態ってことかな。

それ美味しいの?^^;って聞いたら
sourって言われたな。

きっと微妙だろうな・・。

初めての先生だったけど楽しくやれたな。
フィリピンの先生はだいたいフレンドリーだから楽しくやれる。
一部例外はもちろんいるんだけどね。

やっぱレッスンとして英会話するのは気楽だった。

その前にskypeで適当に外国人と会話をしてみてて
そっちではなんかうまくいかなくて。

自分の国の文化、社会、政治、経済だとかの話を聞かれたりするけど
こういうのがうまく話せなかったりする。
あとは自分自身のこととか自分の意見とかか。

外国人との英会話って言ったら、こういうのも話せないといかんよね。

でも結構苦手なのよね。

これも少しずつ慣れてくしかないとは思う。

スポンサーリンク
 

少し寂しい

アプリでいい感じにやり取りが続いてた女性が
しばらくするとアプリ辞めてしまう。

他にいい相手が見つかったんだろうな。

こう悠長にやってるとそのうちいなくなってしまう。

1人いい人が見つかればいいって思ってる人は
誰か見つかれば、そこでアプリの利用を辞めてしまうのでしょう。

ずっとやってると新たにメッセージが来て鬱陶しいですからね。
これは想像ですが。

だから出来ればスピード勝負で、LINEやカカオだとか
別のアプリに移行するのがいいんだろうなとは前から思ってました。

少しそうしてみようかな。

普段一人でも全然平気なんだけど、なんか久しぶりに寂しさを感じてしまったよ。

スポンサーリンク
 

TOEIC L&Rを受けてきた

昨日ですがTOEIC L&R試験を受けてきました。
今は名前も変わってL&Rがつくようになりましたね。

1年ぶりです。
ってか自分は1年に1回実力確認で受けています。

前日に新形式問題集のテスト2をやって出たスコアレンジは675 – 855で
今回は900超えはきついかなっていう予測。

本番の手応えもよーわからん。

リスニングは前日問題集やった時よりは感触は良さそう。
リーディングは問題集やった時は最後10問塗り絵になってしまったけど
本番は十数分時間が残ってパート5の見直しも出来た。

だから今回は800点台を維持出来てたらいいなって感じですね。
900はまだまだかな。

思い返せば今年はインプットが全然少なくて勉強もそこまでしてなかったから当然か。

今後力を付けるためには音読が有効かなと思ったので
早速パート2,3,4の音読をし始めています。

読んで分からないものは、聞いても分からないですからね。
最近は英語を聴くときはただ漫然と聞いてて、分かってない部分をスルーしちゃってたんで伸びが悪くなってたんじゃないかなと。

わからなかった部分をちゃんと確かめるべきだよなとは前から思ってたので
そのためには音読してるのが一番な気がしています。

英文を目で追いながらやりますからね。
あ、ここわかんね。ってのがその場で見えるので。

音読に使うのをパート2,3,4にしたのは、そこら辺が自分にとって難しくなったからですね。
あとはTOEIC S&Wの申し込みをしたのでスピーキング力を上げるためです。

スポンサーリンク
 
1 60 61 62 63 64 65 66 99