騙されてはいけない 今思うと恥ずかしい買ってみて全然効果がなかった3つのもの

この世の中にはいろんな商品が売られていますが、
その中には効果が怪しいものもたくさんありますよね。

今回はそんな怪しい商品で、自分が買ってしまったものをいくつか上げてみます。

買ってみて全然効果がなかった3つのもの

金運が上がる財布

よくなんかの雑誌の後ろに載っている、
なんだか小汚いおっさんが札束風呂に入っていて、
両脇に女性を抱えているような写真を見たことはないだろうか。

自分が見た広告は確かそういうのじゃなかったけど、
金運が上がる財布というものに魅力を感じてしまって
中学生の時に買ってもらったことがある。

その後、結構長い間、10年ぐらいかな。
ずっと使ってたけど金運とか全然付かなかったな。

残念なことに札束風呂に入ることは叶わなかった。

背が高くなる薬

これは前にも一度書いたことがあるんですが、
背が高くなる薬なるものを買って飲んでみたことがあります。

3ヶ月分で2,3万円だったかな。
全然効きませんでしたね。

しばらくすると広告がなくなって「その会社消えたかな?」と思ったら、
なんか別の会社名とかになって同じようなの売ってたりしてたんで、
そもそも怪しいとこだったんですかね。

ところで、これ系の薬っていろいろありますよね。
男性だとあそこが大きくなるとか、髪が生えるみたいなとか。
女性だと胸が大きくなるかな。

これ系はおおむね信用できないでしょうね。

ヒゲが薄くなる液体

ふと久しぶりに懐かしい商品の広告を目にしたので今回の記事を書くことになったんですが、
ヒゲが薄くなる液体も結構長い間使ってました。

ヒゲ剃り後に塗ると、段々とヒゲが薄くなっていくという触れ込みの商品なんですが、
少なくとも自分には全然効かなかったですね。

まだ売ってるんだなーとだいぶ懐かしくなりました。

しかし騙されて得られるものも

なんだかんだ結構騙されてるな自分w

こういうのもいろいろ掴んでみると、
段々とこれは怪しいなという免疫が付きます。

そして後々ネタになりますね。

しかし商売のためにこういう効果が全然ないものを売ろうとしている人はたくさんいるわけです。
まあそんだけお金稼ぐのは大変ということなんだろうけど、消費者としては騙されないようにしたいところですね。

スポンサーリンク
 

「仕事終わってないけど帰る」をやるのはなかなか気を使う

進捗状況がかんばしくなくなって、
「すいません、あんま仕事進んでないです」と報告したにも関わらず、
定時になるとそそくさと帰宅する俺氏。

職場を出て「ほんとクソだなwww」とか笑ってしまったりするけど、
なかなか気を使うよね。

試しにやってみた。
みたいな感じなんだな。

まあ迷った。帰らずやろうかと。
出来てない以上、残業して終わらせないといけないかなって常識的には思ってしまうわけで。

それに終わらないのは仕事が遅い自分がいけないからという意識が湧いてしまうゆえ、
残業して埋め合わせをしようとすると。

しかし「終わってません。でも時間なんで帰ります」は
なぜにダメなんだろうか。

単純に終わってないんだから終わらせろ。
だよね。

ま、まあそうだよねとは思ってしまいがち。

それについて少し空想にふけったこともあるけど、
帰ってもいいけど、あんまりにも生産性が悪かったりすれば、
クビか減給にするよ?みたいなペナルティを設ければいいんじゃないか。
なんて考えたりはしたな。

残業せず生産性を上げて対処する

今日はちきりんの「自分の時間を取り戻そう」を読み返していた。
簡単に言ってしまうと、生産性をとことん上げていきましょうって本だ。

この中では、ただ単に時間を投入しようとするのは良くないと言っていて、
実は自分が仕事が終わってないのに(進捗状況が悪いのに)帰ったのは、
この残業というインプットを増やして出来るだけ対処しないようにするためってのも一つだった。

ゆえに普段結構、時間との戦いになってたりする。

定時になったら帰るから、それまでに終わらせないといけないと。

そういう条件の方が、確かに生産性を上げなきゃいけない圧力が働いて
優先するものや、力を抜くものなどを考えつつ仕事をすることになるし、
やり方そのものも工夫しようとする面は出てくる。

思い切って時間を制限するのは自分の生産性を上げるのに役立つ。

いや、言いたかったのは

ちょっと横道にズレてしまった気がする。

もっと言いたかったのは、
単純に「終わってなくても帰ってよくね?」だった。

なんでダメなんだ。
お願いだ。スケジュールを延期してくれ頼む。

結局残業して対処しないといけないかもしれない。

スポンサーリンク
 

日々は地味で地道

真向法というストレッチをやり始めてそれなりに経った。
やり始めたのは去年の5月ぐらい。

真向法はたった4つのストレッチをやるだけというシンプルな健康法で、
自分はこれを風呂あがりに、ほぼ毎日やっている。

この中では第2と第3がしんどくて、長いことあまり曲げられなかったけれど、
ようやく頭が付きそうなくらいまで曲がるようになってきた。

やってて、ほんと地道だなと思う。
結果が出るまでの日々っては地味な繰り返しかなと思ったりする。

結局こういうのは健康法としてやってるわけで、
つまりは長いこと付き合うわけだから、そんなに焦らなくてもいいんだけどね。

じっくり柔らかくしていけばいいとは言える。

で、ある程度いったら
その後は180開脚出来るまでやろうというのが目標なわけです。

それまで、どれぐらいかかるんだろうね。

スポンサーリンク
 
1 4 5 6 7 8 9 10 87