スピークイージー行ってみた

この前、河井無太郎さんとskypeで会話をした時に

英会話する場所として、スピークイージーってとこがあるよと

教えてもらったので行ってみました。

立ち飲みのバーですね。

音楽がガンガンかかっていて、

飲み物を片手にガヤガヤと会話をしている人たちがいるようなところです。

入った瞬間、

「うわっこんな感じなのか・・・俺には難易度高い(笑)」

と思った。

こういうとこは全然来ないので、得意じゃないんですね。

「ヤバイぞ・・・。と、とにかく酒を頼もう。」

その後なかなか自分から話しかけられず、しばらくぼっちプレイをしていると

外国人の方に話しかけられました。

その方、日本に結構住んでるみたいで、Do you speak Japanese?って聞いてみたら

普通に日本語話せる人だった。

その人との会話はほんのちょっとだけしかせず。

また、しばらくぼっちプレイに。

手持ち無沙汰ゆえ、グラスはすぐに空になる。

「もう一杯いっとくか・・・」

しかしながら実は自分、酒に弱いだけじゃなく酒の力を借りればおしゃべりになるようなタイプじゃないんですね。

2杯目を飲みながら、周りの様子を眺めてボーッとしていました。

その後も話しかけてくる外人さんはいたんですが、

会話は名前を言い合うぐらいでしかなく、チャンスをものに出来ない俺氏。

そして自分から話しかけた相手は、日本人という何と言う体たらく。

結局1時間ぐらいで退散しました。

しかしまぁ、文法も日本人発音も気にせずガンガンしゃべっている人達すごいよなぁ。

ほんとはあーでなくちゃいけないんですよね。

いい意味で悔しさを手に入れることが出来ました。

 
スポンサーリンク

人とのやり取りが怖かった 受付のやり取りや買い物ですら

だいぶ対人恐怖になってたのもあって

20代の頃は人と関わらない仕事がしたいと思っていた。

そもそも仕事じゃないところでも、この対人恐怖は尾を引いていて

お店の店員さんとかですら、関わるのに怖がっていた。

レンタルDVD屋で会員カードを作るのすら怖がってたし

車の教習所の受付が怖くてしょうがなかったりも。

ハロワも最初は入るのですら怖かったぐらい。

今では平気になったので、なんでそんなこと怖がってたんだろうって思います。

結局それを克服することになったのは、小さなことでもやっていったからでしょうね。

自分がやってきたバイトでは、結局人と関わることばかりでしたし

嫌で仕方なかった飲み会なんかも、とりあえず行っとけとがんばって参加したり。

一人でいろんな所いったり。

人に自分から話しかけるってのも何度もやっていったんだっけな。

そんなことしてるうちに平気になったんだと思います。

最近は町中で知らない人に、話しかけることもあったりします。

まぁきっかけがあれば、なんですけどね。

今年はそういうのをもっと活かしていけたらいいですね。

 
スポンサーリンク

まだ残っているものは

あけましておめでとうございます。

もうここ何年も、年越しのカウントダウンなんかはせず

さっさと寝てしまう私です。

さて、年が明けましたね。

年始はいつも目標を立てます。

自分には、ずっとやるやる詐欺で残ったままのことがあります。

この目標というか心残りは、もう何年もそのままでした。

それは、

一人暮らし

恋人作り

です。

30越えてますが、一人暮らしもしたことないですし

彼女いない歴=年齢な男です。

20代の頃から心残りの解消を色々としてきたんですが

残すところは、あとこの2つ。

これが今年やることです。

他にも目標はたくさんありますけどね。

今年は、この2つがメインになります。

 
スポンサーリンク
1 67 68 69 70 71 72 73 78