あまり目立たない地味な仕事って、割といいんじゃないかな

まとめサイトなんかを読んでたりすると

ニートが働く場所として、よく上げられるのが

介護、飲食、土方、警備とか

とにかく選ばず働けみたいな感じで、これらが上げられますが

見ると、いつもこればっかだなって思ったりします。

世の中って、もうちょっと色々な仕事があるんじゃないかな。

求人情報を眺めていると

へーこんなんあるんだっていう仕事を見つけたりします。

だから、もうこういうのやるしかないのかな・・・

とか、思わなくてもいいんじゃないかと。

仕事探しする時、あまり目立たないような

あえて地味なのを探してみると、自分に出来そうな仕事に出会うかもしれません。

そして一見地味な仕事は、淡々とやってるかもしれません。

安定してるかは保証出来ないですが・・・

とにかく働こうってなった時

いつも見るような仕事ばかりじゃなく

他にも視野を広げてみてはどうでしょうか。

 
スポンサーリンク

車の運転が怖い

車の中で音楽を聴き、夜の街を眺めながらドライブをする。

こんなことに憧れつつも、なかなかドライブに出られなかった。

運転するのが怖くて。

免許を取得後、最初の更新が来るまでの約3年間怖くて全く乗らず。

その後どうにか克服したいと思って、勇気を出すも

車に乗り込んだはいいけど、あまりに怖くてエンジンをかけられず帰ったこともあります。

その後少しずつ、まずは駐車場内でちょっと動かすだけとか

駐車場の周りを一周するだけとか

小さいことから、やり始めて

そのうち思い切って、行ってみたかった場所まで行ったり。

その時の達成感ったらなかった。

こう達成感とか嬉しさを感じると、はずみが出て

よし、次はどこ行こうかな?とか思うようになりますね。

その後もいろいろと走り回ったり、遠出したり

家族に車の運転を頼まれたり、引っ越しで運転させられたり。

冷や汗をかくこともいっぱいありましたが、たくさん乗ってるうちに恐怖はなくなりました。

今はカーシェアリングを使って、ちょくちょくドライブに出掛けています。

車の中で音楽を聴き、夜の街を眺めながらドライブをする。

そんな憧れだった時間の過ごし方も今では出来るようになっています。

 
スポンサーリンク

カフェが怖い

カフェで優雅に時間を過ごす。

そんなことに憧れつつも、実際はカフェに入るのに怖がって入れなかった。

ドトールすら怖くて入れない。

初めのうちは、カフェに着いてもすぐには中に入れず

店の前を一旦は通り過ぎる。

何度か店の前を行き来したのち、ようやく勇気を出して中に入っていくような感じ。

そんなことを何度か繰り返していくうちに

段々とすんなり入れるように。

それにしても、いろんな店に行ったな。

小さなことですが、こんなことからも得られたものはあります。

 
スポンサーリンク
1 74 75 76 77 78 79 80 83