資格を取ることの効果について

ニートだったりすると、何か資格を取ろうと考える人は多いと思います。

あんまりそっちに傾倒し過ぎるのはよくないですが、
自分は資格を取ろうとすることは、いいことだと思っています。

いろいろと言われたりしますが、自分が資格を取ってきて感じたことなどを上げてみます。

気持ちに余裕が出来た

昔は自分の履歴書にかなりの心もとなさを感じていたのを覚えています。

それが資格を取得することで、そういった弱気になることがなくなって気持ちに余裕が出来ました。

だからこそ、仕事探しで多少強気で行けたところもあります。

もちろん基本的には、資格を心の拠り所なんかにしないで、
こんなもん大したことないよって思ってたほうがいいと思いますけどね。

勉強する習慣と自信

勉強する習慣が身についたっていうのも大きいことですね。

そして俺もやれば出来るよねっていう自信みたいなものは、

資格を取得するなかでも手に入れることが出来ます。

そういった自信って、別のところで役に立つんですよね。

ハッタリとしての効果

資格もそれなりのものを取ると、知ってる人にはインパクトを与えることが出来ます。

お、すごいね。と言われることは結構ありました。

自分は高卒なんで、さらにギャップを与えることが出来るのかもしれませんね。

それなりに努力出来るんだな、みたいな印象を与えることは出来ます。

これが就活において有効に働くように感じます。

ただ思うのは

資格ばかり取ってても実際には何も出来ない。
そういう状態に陥ったりはします。

ちゃんと実践してる人は違うと思いますが、自分の場合はそうでした。

なので資格が無意味だと言われてしまうのも頷けます。

そして資格ばかり取ってても結局誰かに使われるだけみたいなことは、思わなくはないです。

自由を得たい場合は、資格取得じゃなくて別のことをしなきゃならないかもしれませんよね。

スポンサーリンク
 

当たり障りない会話からの展開

前におしゃべりの練習をしようとChatpadというサイトを使って

無差別にチャットをしていたことがあります。

スタートすると、いきなり1対1のチャットが始まるサイトです。

知らない人とのいきなりの会話はそもそもしゃべるのが得意じゃない身としては、
何しゃべればいいかほんと分からなくなります。

なんで、このサイトを知ったかっていうと、

まとめサイトで、このサイトで出会いがあったというまとめを見たからなんですよね。

話のスタートは、ご飯食べた?とかでいいっていうアドバイスを見て

じゃあそうしてみるかとやってみたんですね。

そういや、あまりに盛り上がらなかったり

うまく返せなかったり、変な返し方をして切られちゃった時

結構ショック受けたのを思い出すな(笑)

おしゃべりって難しいなって。

でも淡々とご飯食べた?から会話をし続けていると

そんな一見つまらない会話から、気の合う相手が出現したりして

つい6時間ほどチャットし続けたこともありました。

そういう展開を経験すると、

ご飯食べた?っていう一見つまらない会話のスタートもバカにならないんだなと

その後の会話の展開に少しワクワク出来るようになりますね。

スポンサーリンク
 

HelloTalkいいね

HelloTalk使い始めて1週間ほどですかね。

実はたくさん話しかけたりパートナー申請してみてもスルーされまくりました。
これLINEみたいに既読システムあるんですけど、既読スルーなんてしょっちゅう。

意外とつれなくて。

でもおかげで、もう何でもいいやと無差別にメッセージを送りまくり
話しかけるのに躊躇することは全然なくなったな。

こっちが男でそれなりに歳だと、自分から送りまくらないとダメかな。
よっぽどプロフィールで興味引くようなこと書かないといけないかも。

メッセージ送る時は

「こんにちは」「いまなにしてるの?」「ごはんたべた?」「そっちはあつい?さむい?」
「○○(国の名前)ではにほんごつかうきかいある?」

こんな当たり障りないことを、日本語で送ったり英語で送ったり。
ちなみに漢字が苦手な人もいるんで、ひらがなで送ることが多い。

で、何十人と送ってればコンスタントにやり取りする相手も見つかります。

相手によっては日本語ばかり使って話してることもありますが。

とにかく、それでも今は毎日英語でやり取りする機会が出来たんで
このアプリはかなりいいなと思います。

自分から何でもいいから話しかけるのがミソです。

スポンサーリンク
 
1 80 81 82 83 84 85 86 99