ニートがやりがちな現実逃避その3つ

  • 筋トレ
  • 読書
  • 資格取得

ネットで見た情報ですが、この3つはニートがやりがちな現実逃避だそうです。

これを見て、確かになと思った。
自分自身これらはやっていましたし、今だってやっています。

ただ、この3つはどれも
今現在にいい影響を与えてくれたとは思うんですけどね。

あまりにそればかりにのめり込むのはよくないとしても、
筋トレ、読書、資格取得は前向きな活動ではありますから。

筋トレ

自分は高校生あたりの頃から筋トレを始めました。
これに関してはニートで暇だったからでは、まあないですね。

昔から割りとヒョロかった自分。

家族にもっと太った方がいいと言われ続けていて、
そうは言っても割りと少食な方であんま太れないんだよねって時に思いついたのが、
筋肉太りをすることでした。

自分が体を鍛え始めたのは、それがきっかけです。

まあその後ずっと続けててニートになった時も、
暇つぶしとしていい活動にはなりました。

なんかやってる感は得られますしね。
「この何か前向きなことはやっている」
これはニート時の精神安定にも効果があるわけです。

それに30分の運動は、抗鬱剤1個に相当するということが書いてあるのを見たことがあります。
運動は精神にいい影響を与えるのです。

読書

これも何かやってはいる感を得られる活動の一つ。

人に寄っては単なる暇つぶしかもしれないですが、
自分にとっては、今後どうすべきかのヒントを得るため読んでいた部分はあります。

最初の頃は古典や哲学みたいな、内容もちゃんとしたものばかり読んでましたね。

純粋にどんなことが書かれているのか興味があったから読んでたんですけど
ちょっとすごいもの読んでる自分に酔ってた部分もちょっとはあります。

啓発書も読みましたが、これは自分としては良かったとは思います。
いろいろ行動するきっかけにもなりましたし、いろいろ本から慰めも得られた部分はありました。

なので本を読むことはいいと思います。

資格取得

これは資格さえあれば、仕事で採用に有利になるという思いがあったからでしょう。

「資格さえあれば有利かもしれない」

そんなことを考える人は多いんだと思います。一発逆転とかが出来ると思うとかですね。
実際のところ資格さえあれば安泰ってことはないんでしょうが。

でも拘泥こうでいしてしまう。

勉強していれば、それも何かやってる感は得られますので、
それがニートである時の精神安定に繋がるってのは経験があるので分かります。

つまりこういうことをやりがちなのは

現実逃避や安心感のためだろうか。
気を紛らわすのには十分な効果を上げると思います。

でも正直自分は、これらのことをやっていてよかったと思います。

今だって筋トレをしていて、その後ある運動するのに繋がっている。
ちょっと気持ちに不調をきたす時は強度の運動をすることで発散出来ます。

読書はいろんな行動に繋げることが出来た。
いわゆる成功者にはなっていないけれども、もし読んでなかったら、
きっとあれやこれやのことは経験出来なかっただろうと思う。

資格だって自分はまあ出来るかもという自信に繋がっている。
仕事で有利に働いたりもした。

なのでこういうことをやるのは悪くないと思えます。

スポンサーリンク
 

採用が決まった

この前に面接した会社に採用が決まった。

と言っても試用期間があるから、それを乗り越える必要はある。

結局書類も面接も、全然まともになってない状態で終わってしまった。

今までの活動で、書類落ちが2件のみ。

正直、もっと長期戦を覚悟していたのですが・・・

しかし、これからどうなるだろう。

うまくいくだろうか。

興味がある仕事だから、採用されたのは良かった。

スポンサーリンク
 

正社員になるのを先延ばししてきた理由

いまいち、やりたいことがなかったから。

それもありますが、

これに関しても恐怖とか不安が理由。

組織に属することに自信がなかった。

そして正社員となると、その責任の大きさが恐怖だった。

バイトだと責任が軽いので気楽ですからね。

実際のところは、正社員として働いてみても

意外と、そんなには重くなかったりするのかもしれませんね。

自分が勝手に怖がってるだけなのかもしれない。

こういった取り越し苦労を自分はよくやります。

やってみたら、大したことなかったってことは
今までもたくさんありましたから。

スポンサーリンク
 
1 95 96 97 98 99 100