英語のリスニング教材として海外ドラマを試してみた

英語の勉強に海外ドラマでも使ってみようかと思って話題のウォーキングデッドを観てみた。

飛ばし飛ばしでシーズン1,2の最初と最後の話ぐらいを観て、
その後面倒くさくなってシーズン1から7までのおさらい動画を観てみたら、
それだけでお腹いっぱいになってしまった。

どうやらずっと人間同士の争いをしてるみたいでもういいかなと。
それにゾンビものは嫌いじゃないんだけど、まぁグロいしね。

正直もっと気楽なもんを観たい。
映画でも好きなのはヒューマン系とかコメディっぽさがあるものだし。

ちなみに英語の聞き取りは難しくて、しかも英語字幕はないのでリスニングの勉強教材としては厳しいか?と思ったけど別の観たら悪くなさそうだという気がしてきた。


タイトルは「SUITS」

どんなのかというと。

法律事務所を舞台に、クールな敏腕弁護士とマイペースな天才青年が様々な訴訟に挑むバディドラマ*

※対照的なキャラクター2人組が難題に立ち向かうといった展開をする話やドラマ・映画の総称(バディ=buddy)

一話観た感じ雰囲気はこういうのの方が好き。
それに英語に注目して聞けば結構聞き取れる感もある。

これならリスニング教材として楽しく観続けられそうな気がする。

あと

海外ドラマのほうが長い時間、英語に触れることになるし、同じ主人公だから声やイントネーションが同じで、長く聞いているうちに次第に聞き取りやすくもなる。

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

これスティーブ先生の本に書いてあったけど、実際ドラマ観てみて確かにこれは言えるなと思った。

なので、これからは試しに海外ドラマを勉強に取り入れてみることにしよう。

 
スポンサーリンク

本の処分はとりあえずおしまい

本を読み返してから売るというのがしんどくなったので、
本の処分をとりあえず一旦打ち切ることにした。

メルカリで売ったのは37冊で20,959円
ブックオフで売ったのは39冊で2,135円

ある程度の値段で売れるものだけメルカリで売ったわけですが、
やっぱ自分で売った方がリターンは大きいと言えますな。

メルカリ使っててほぼトラブルとか面倒くさいことは起こらなかった。
取引そんなしてないですけどね。

ネットでは変な人の対応でストレスとか書かれてたりするけど、
そんなに頻繁に起きることではないんじゃないか。

そういや、ヤフオク使ってても全然問題起ったことないもんね。

でも扱ってたのが本だったからかもな。
本ならまだ客層がまともなんじゃないか?とも考えられますからね。

トラブルはほぼなかったけれど、最後に限って2つ連続で
なかなか届かない・受け取りがされないという状況は発生しましたが。

届いてません

なかなか届かないな。大丈夫かな。。。
と思ってたものがあったんですが

仕事中、相手から
「まだ商品が届いてません。確認していただけないでしょうか?」
という連絡が来た。

おっとすぐには対応出来ないなという状況でしたが、こういうのは速い応答が大事だと思ったので
「確認します。ただ時間を下さい」というような内容のみすぐに返した。
もちろんもっと丁寧な感じの言葉でですが。

時間が出来た後で調べると、メルカリ便を使ってる場合は
メルカリ上で問い合わせをすればよいみたいだったのでそうしました。

で、「問い合わせしたので、また何かあったら連絡します」という連絡を入れる。

その翌日、いきなり評価が入って
えっ、届いたんか?もしくは低い評価でも入れられちゃったか?

と思ったら
「届きました。どうやら配送が遅れてたみたいです」
と続けてメッセージが来た。

なんだ、とりあえず良かった。

そして
「すぐに対応頂けたので安心して待てました」というメッセージ。

まぁそうだよね。
それが分かってたから、とりあえず返事だけはさっさとしたわけです。

何かこじらせないためには大事なことかと。

不在で持ち戻ったまま

これまた全然配送完了しないな。大丈夫だろうか?
と思ったものがあった。

ずっと不在で持ち戻りのままだった。

一応確認で相手に連絡を入れてみると、相手から返事はなかったけれど、
その後配送状況が動き始めて配達中に変化した。

その間、ちょうど時を同じくして
メルカリから、未完了の取引がありますという通知が入った。

「この通知から24時間経っても進展がない場合は状況によって受取評価かキャンセルになります」とのことだった。

まぁ結局、その後すぐ相手が受け取ったんですけどね。

「都合があって受け取りが遅れました」
とのことです。

ま、そういう人もいますね。
無事に受け取ってくれたんなら良かった。

ということで最後の最後でこんなことがあったかなぐらいかな。

 
スポンサーリンク

カードが不正に利用されている…?

最近ちょっと怪しめな出会い系サイトに登録してみた。

そこはログインをすると、まだプロフィールも設定してないのに
アホみたいにメッセージが飛んでくるようなとこだった。

んなアホな。

普通のとこ使ってきた感覚からすると、これはありえないことだった。

メッセージの内容を見てみると、
こんなこと言ってくる女性はいないだろ!
と思うような誘い文句というか、明らかに変な感じ。

こっちからメッセージを送るには会員にならないといけない。
そのシステムは他のとこと同じだった。

怪しいけど好奇心もあって試しに1ヶ月会員になってみることに。
ただ安全のため支払いはデビットカードを使うことにした。

会員登録を済ませてみると

さっきまでのメッセージの嵐はなんだったのかと思うぐらい
会員になったとたんパタリとメッセージが飛んで来なくなった。

やっぱりそんなもんよね~。

そして、こちらから色んな人にメッセージを送ると全く返ってこない。

そんなもんか、使えないな。もういいや。
と、もうログインをするのをやめることにした。

その後、身に覚えのない日に支払いのメールが届く

カードは利用するとその利用確認のメールが飛んで来るわけだけど、
使った記憶もない日に利用確認のメールが届いて来ていた。

えっ、これ不正利用じゃね?
もしかしてあのサイト使ったからかもしれないな。

そう思いつつも使ったのはデビットカードで口座に全然お金を入れていないのもあって、
まぁ別にいいけどぐらいの気持ちでいた。

もう少し様子を見ていると、また数日後に利用確認のメールが届いた。

うーむ、カード停止するか。

カードの停止とサイトのアカウント削除作業

すぐにカードのデスクに電話して停止してもらった。

ただ、どっか別のとこで使われているのではなく
そのサイト上での利用?みたいな感じでなんだか気持ち悪い。

先にカードの停止をしてしまったけど、もしかして何か請求が来てるのか?と調べることにした。
まずなぜか契約は自動更新になっててサービスが2つほど登録されていた。

しかしここ数日の支払いについては、何の支払いなのか?が判然としない。
なにも使ってないしな。ログインすらしてないし。
メッセージ受信数で料金が発生するとかだったら、とばっちりもいいところ。

まず自動更新の停止作業をすることにした。
自動更新の解除にはキャンセルコードというのが必要でメールで送られてくるらしい。
ホントに出来るのかが怪しいのでやっぱ不安になる。

ここで冷静に考える。

普通サービスが自動更新だとしても支払いが出来たらサービスを利用出来るというのが本筋だと思うので、残高不足で支払いが出来なかったらサービスが使えないで終了なはず。

つまり支払い義務を果たしていませんよ?という訴えは無効なんじゃないか。

たぶん大丈夫だろうという根拠を見つけても、これはこっちが普通に考えただけのもので
向こうが上手うわてなら、どんな手を出されるかはまだ分からないところ。

最終手段は無視するか!まぁ不安はあるけど。

その後キャンセルコードが届いて1ヶ月会員の自動更新は解除された。
続けてもう一個の自動更新のサービスも解除出来た。

とりあえず解除は出来るのか。。。
これで一安心。

続いてアカウントの削除も申請出来るようになったので続けて行う。

これまたキャンセルコードが必要。
割と届くのに時間がかかるので、なかなかもどかしい。

そしてアカウントの削除も無事に終了した。

解除や削除は出来るサイトだったので、そこはまぁ良心的だったか。

カードの停止の前にまずはこの作業を行うべきだったろうか。

しかし変なとこは使っちゃダメだね。欲と好奇心に動かされて失敗してしまったな。
それはそれで経験になったけどさ。

 
スポンサーリンク
1 2 3 4 83