フリーターでも何らかのきっかけを得られることもある

思い返すと、あの話が進んだら今頃どうなったかなと思うものが色々とあります。

まず、ありがちですがフリーターでも真面目にやってると
「社員にならない?」とか話が来ることもあります。

そういう話は何度かもらったんですが、自信がなかったり、
ずっとやっていたい仕事じゃないんだよなとか思ったりしてその話を受けなかったりしました。

あとは人との縁です。

一緒に働く人の中には、特殊な人もいたりします。

例えばフリーランスで働いてたりして、仕事を掛け持ちしてたり、
実は会社を経営してる人なんかもいたりしました。

そういう人たちから「仕事一緒にやらない?」とか「こういう仕事あるんだけどやらない?」とか
紹介してもらったりしたこともあります。

結局その後連絡が来なくなったりして、そういう話は頓挫してばかりだったんですが。

とにかく、フリーターでも仕事してて人と会ってると、
そういったものが人づてにもたらされることもありますね。

それに意外と社員と仕事内容があまり変わらないという職場もあります。

そういう場所で働いた場合、フリーターでもいろんな経験を出来ることがあります。

そこから何か知識や経験を得られたり、自分の適性をある程度見つけ出すことも出来ますので、
やりたいことが見つからなくて、そしてフリーターなんかになっても、どうしようもないと思っているニートの方とか。

正直自分は昔はそういうことを思ってた本人なんですが、
まずはフリーターにでもなってとにかく働いてみるもの一つじゃないかと思います。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。