証明写真機が怖い

なぜだったか、とてつもなく証明写真機で写真を取るのに恐怖していた過去があります。

一体、何に怖がってたのか。
これも一つ、ニートから抜け出し辛かった理由です。

とにかく恥ずかしいというか何と言うか、
変に自意識過剰なんですよね。

仕事に応募するときは、履歴書に貼るために撮りに行かなきゃいけないですよね。

そういう時はなんとか勇気を出して、
いつも誰もいない場所にあるところで、深夜か早朝に撮りに行ってました。

自分にとって難しく感じる事柄は、
少し取り組みやすくなるよう難易度を下げるといい。
これは他のことでもよくやります。

結局なんだかんだ何度も撮りに行く機会はありましたので、
その後、段々とそういった恐怖心はなくなっていきました。

今はお気に入りの写真機も見つけてます。

普通のは3回連続で撮られて、そっから選択しますが、
それだと、1回1回どんな顔になってるのか分からなくて、
うまい具合に表情を変えて、写真を撮れないんですよね。

いつもいまいちな写真しか撮れないのも、嫌だった理由だったかな。
自分は写真写り悪いので、自分の写真見るのが嫌だったりもしましたしね。

でもそれとは違い、自分のお気に入りの写真機は何度も撮り直しが出来るんですよ。

何度も撮り直しが出来るのをいいことに、
思いっ切りの変顔を撮影しては、一人爆笑したりなんかしていました。

そして十分にほぐれたところで、改めて写真を撮ると、
なかなかいい表情で写真が撮れたりします。

まあこんなことが出来るくらいに写真機が平気になったのが、
なんだか不思議なくらいだった。

こう恐怖が克服されたことで気持ちに余裕が出来たのを感じます。

いつも思うのは、こういうのはやってみて場数を踏むのがいいってことでしょうね。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。