ニートの方へ、3〜6時間労働のすすめ

ニートの人向けです。

自分は過去に一日平均4時間ぐらいのバイトをしていた時があります。
少ない時間でも仕事をするってのは、結構おすすめ出来ます。



気を少しは楽にさせると思う

少なくとも働いているっていうのは、気分を楽にさせるんじゃないでしょうか。

人によりますけど、自分は仕事をしていないってことに対して負い目を感じたりしてましたからね。
仕事をすれば、それが和らぎます。

少しの労働は健康にいいと思う

それに多少動くのは健康的にもいいと思います。

自分の場合ニートをしてて辛かったのは、
夜眠れなくなることでした。

起きる時間も遅く、日中ろくに活動もしてなければ夜眠れなくなりますよね。

ニートから脱出するために、まずは生活リズムを整えようとか思っても眠れないんです。

夜10時ぐらいに布団に入って部屋を真っ暗にしても、
ようやく眠れるのが朝方5時とかで、それは本当に辛かった。

そのへん仕事を始めれば、生活リズムを整えやすくていいです。
仕事は強制的に昼間活動せざるを得なくなりますのでね。

生活リズムを整えたければ、日中活動するのが大切です。

お金が入る

なんだかんだ少しでもお金があるのはいいです。
何かしたくなった時、お金が必要になったりしますからね。

遊びや勉強など。

これは割りと重要かなと思っていて、
自分の場合は遊びを通して克服したこともあるので、
お金を稼いでおくことはいいんじゃないかと思います。

そして出会い

これは人との出会いはもちろんですが、
自分との出会いってのも仕事をしてるとあると思います。

これは自分に合ってるとか得意だとか苦手だとか。

こんなこと自分には絶対出来ない、怖いと思ってたことが、
やってみたら意外に出来るってことが分かったり。

それは大きなことかなと。

まずはちょっとでやってみるで、いいじゃない

ということで、上記のことがあったりするんで、
短時間でも仕事をしてみることは自分はおすすめです。

あとはこんなこともあります。

フリーターでも何らかのきっかけを得られることもある
思い返すと、あの話が進んだら今頃どうなったかなと思うものが色々とあります。 まず、ありがちですがフリーターでも真面目にやってると 「...
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。