カフェに入るのが怖い

カフェでゆったり時間を過ごす。

そんなことに憧れつつも、実際はカフェに入るのに怖がって入れなった時期が過去にあります。

まあ今から考えるとおかしな話ですが、
ドトールすら怖くて入れなかった。

初めのうちはカフェに着いてもすぐには中に入れず、
必ず店の前を一旦は通り過ぎていた。

何度か店の前をうろうろと行き来したのち、
ようやく勇気を出して中に入っていたのを思い出す。

変に緊張しまくりながら。

しかしその後、そんなことを何度か繰り返していくうちに、
段々とすんなり入れるようになりましたね。

今じゃほんと何の躊躇もしなくなった。
一体あの頃はなんだったんだろうと、その頃の恐怖すら思い出せないというか。

しかしそれにしても、その後いろんな店に行ったな。
平気になってから、いろいろとカフェ巡りとやらはしました。

カフェに入るなんて、すごく小さなことですが、
こんなことからも得られたものはあります。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。