20代の頃にやってきて今にいい影響を与えていると思うこと「心残りの解消」

20代の頃にやってきて、今にいい影響を与えていると思うことがあります。

それは心残りの解消です。

ある時、本を読んでいるとこんな一節に出会いました。

「人が行動する理由はな・・・・まあ、ざっくり言って『憧れ』やな。ああいうふうになりたいなあとか、うらやましいとか、そういう憧れに向かうもんや。・・・(中略)けどな、そん中でも自分らが一番やるべきなんはな・・・『やらずに後悔していること』や」

「あの時、あれやりたかったとか。実はあの職業になりたかったとか。けど、収入が少ないとか、時間がないとか、怖いとか、色々な理由つけて結局やらずじまいになってもうてることないか?やらずに後悔してることないか?」

夢をかなえるゾウ

この「夢をかなえるぞう」は、その昔ベストセラーとなった本です。
これは結構何度も読んで、書かれていた色々なことを実際に実行してみた割りとお世話になった本です。

自分の場合は特に、怖くて出来てないことがたくさんありました。

それらをノートに書き出しては、クリアしていくことで
心の荷が降りていき、自信が付いていきました。

その中で行動力も、それなりに身に付けられたと思っています。

今年就職に動き出したのも、
もうほぼ、やらずじまいだったことがなくなったから。

残すとこは就職と他、数個のことのみでした。

もしニートをしていて、何をしたらいいか分からないという状態であるのなら、
やらずじまいになってることを解消してみるのもいいかと思います。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。