はじめの頃、英語の勉強はなかなか続けられなかった

勉強を継続するってなかなか難しいですよね。

自分も英語学習が最初からスムーズに続けることが出来たわけではなく、最初の頃はやったりやらなくなったりでした。

一時期、気持ちの高まりから本気になったこともありましたが、結局挫折してしまって、その後3年ぐらい勉強しなくなった時期もあります。



英語の勉強と挫折

すぐに結果が欲しかったがゆえに最初に手を出したのは、初心者には難しい教材でした。

結局その参考書はすぐに挫折。

その後レベルを落とした教材をやることにしたんですが、まあ舐めていたのと結果をすぐに求めてしまっていたので

「こんなもんずっとやっていたくない。さっさと終わらせて上位の教材に進もう」 といった感じで勉強をしていました。

初歩レベルでモタモタとやっていたくなかったのですね。
すると一つ一つがいい加減なやり方になってしまいました。

4回繰り返したら、その初歩レベルの教材は終わりにしようと思ってたのに、いざ4回目に入った時、ほとんど内容を覚えてないことに当時ショックを受てしまったんですよね。

そして「あと何回やらなきゃいけないんだろう・・・」と呆然ぼうぜんとしてしまい、そのまま勉強が止まってしまいました。

その後、英語の勉強をしない日々が続いてしまい、机には英語の参考書が積まれたままの状態になりました。

「あぁ英語やってないな・・・」と思いつつもなかなか参考書に手が伸びない。
そんな状態が続き、モヤモヤと心残りになってしまった。

毎年、年末になると
「あぁ今年一年英語の勉強を続けていたらな・・・」
そんなことを考えたりもよくしてましたね。

3年越しの再挑戦

それから約3年後、やっぱやり遂げたいという気持ちが湧き上がってきて英語の勉強を再開。

今度は地道に少しずつ進んでいくことしました。

結果を焦ると同じ失敗をすると思ったからです。

ただ「こんなスピードで本当に英語が出来るようになるのだろうか?」
と、途中焦りや気の遠くなるような思いはしたなぁ。

それでも出来るのは、とりあえず淡々と勉強を続けることだけでした。

結果はなかなか見えてこなかったんですが、勉強を継続するようになって数ヶ月経ったころ、

「英語の勉強を続けることが出来ている」
ということそのものが嬉しく感じられたのを覚えています。

そんなことは今まで出来ていなかったわけですからね。

その嬉しさを感じられたのが、英語の勉強を継続するのにプラスに働いたと思います。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください