新しいPCを組んだ

スポンサーリンク

最近Mighty No.9ってゲームが発売してるのを知り、Steamで出来るってことで買ってみたけど、自分のマシンでは低スペック過ぎて動かなかった。

漫喫で情報収集

それで新しいPCを組みたい欲求が高まり、PCの構成を考えるのがしばしばだった。

新しいCeleronでもたぶん性能的には満足できる。でもそれだと面白くない。必要に迫られてるわけでもないから、その構成にするぐらいなら組まなくてもいい。

何となく4コアのCPUにしたいなと思うも、そうすると選択肢はcore i5。かと言ってcore i5は自分にはちょっと贅沢。そこまで性能いらない。そして高めなので買うなら2世代目の中古になるかなぁみたいな。

そんなことを考えてる時にふと「あ、そう言えばAMDっていうのもいたな」と思い出して調べてみると、自分に合ってそうなのを見つけた。

A8 7600。
CPUコアは4つ。性能はIntelのCPUで言えばcore i3ぐらい。
内蔵ビデオ性能はそこそこっぽい。

今までIntelのCPUばかり使ってたから、たまにはAMDを使ってみるのも面白そうだな。



というわけで


早速買ってしまった。TSUKUMOで昨日の昼注文して、もう今朝来た。早い。

パーツ選びは適当。

このパーツを買った人はこんなのも買ってますっていう横のリンクを辿って、じゃあそれでって感じでマザボやメモリも購入した。一応仕様を確認した後だけどね。

CPUマザボメモリの3点で19,000円ほどでした。


CPUメモリを付けただけの最小構成で起動。

最小構成で起動するときは、適当な電源とスイッチがあるといいですね。
持ってなかったのでデスクトップPCから拝借して電源付けたけど結構面倒くさかった。あとPCの電源をONにするためのスイッチもあるといい。


でももしかしてスイッチって単純な構成なんじゃないか?と思って
電子工作の部品で試してみたら点いてワロス。
簡単に点けられるのね。これならスイッチは適当に済ませられる。

これタクトスイッチ使ってますけど、スイッチである必要もないですね。


極端に言えば、こんな感じで線同士を繋げば電源点きます。
映画なんかでたまにある、線をつなげて車のエンジンをかけるみたいなやり方

OSインストとSteam

旧PCの構成は一応元に戻せるようにバックアップイメージを作って
そのあとにOSのインストールと設定作業。


OSはUbuntu16.04LTS

CPU内臓のグラフィック機能はそこそこ良さそうだったので
これでSteamでMighty No.9が動くのかなと思ったんですが
残念ながらUbuntu16.04LTSではAMDのドライバーで問題があるようです。

今はSteamが起動すらしない状態。

こんな記事もすでにあったようです。

その後情報を探したんですが日本語の情報は面白いほどない。
まぁAMDのCPUにUbuntuという構成で使ってる人がたぶん少ないよね。

とりあえず英語の情報は結構あるので、少し解決策を探す必要がありますね。

旧PCと新PCの性能比較

今まで使ってたのは友人からもらったCore 2 Duo E7400。
4年ほど使い続けてました。結構使ってたな。

自分にとっては正直Core2Duoでも性能には不満のないレベルでしたけどね。
それ以前はCeleron E3200で、それも3年ぐらい使ってたけど、ホント自分は性能はそんななくても満足してしまう。

とりあえずどのくらい性能が変わったのかベンチマークしてみることに。

CPUのベンチ

・hardinfoのBlowfish

Core 2 Duo E74006.944
A8 76003.425

数字は秒数かな。約半分くらいになってますね。

・UnixBench
Core 2 Duo
2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests
System Benchmarks Index Score 891.7
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests
System Benchmarks Index Score 1831.5

A8 7600
4 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests
System Benchmarks Index Score 1084.3
4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests
System Benchmarks Index Score 2305.0
まぁ速くはなったよねっていう。

SSDの読み取り速度

旧PC
Timing cached reads: 3442 MB in 2.00 seconds = 1721.13 MB/sec
Timing buffered disk reads: 528 MB in 3.01 seconds = 175.63 MB/sec
新PC
Timing cached reads: 4338 MB in 2.00 seconds = 2169.73 MB/sec
Timing buffered disk reads: 1542 MB in 3.00 seconds = 513.71 MB/sec

SATAが3Gb/sから6Gb/sになったおかげかSSDのパフォーマンスはだいぶ良くなりましたね。

とりあえずOK

問題もありますが、まぁ良いでしょう。

自分はPCは長い間使い続けるので久しぶりの組み立てでした。
マザボは7年使い続けてましたし、ケースや電源、DVDドライブなんかはさらに継続利用です。

今後数年はこれを使い続けることになるかな。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください