身に付けてきた魅力と失った魅力

若い時からモテに関する情報をいろいろ見ては、それを取り入れてきたおかげもあってか、
自分に魅力を感じてくれる女性が現れることもあったりする。

自分の場合はスペックで見られない、
もしくはスペックがよくわからない状態で出会えれば
多少は希望がありそうだってのは実感としてある。

そういやモテとか彼女を作るための方法みたいなのを見てると
色々とやることがあったりして

何でそこまでしなきゃならないんだ(‘A`)マンドクセって思ってた時期もある。

男性向けラブコメの主人公みたいに
ダメ男だけど、少し魅力があったりして
それに可愛い子が気づいてくれて惚れてくれる。

そんなシチュエーションを昔は夢見てたものです。

ありのままの自分を、
こんなダメな自分を受け入れてくれる子はいないものか。。。

そんな長い間の葛藤の末、そうもいかないかと現実に折れた自分は
いろいろモテに関するものを取り入れることにしたんですよね。

先日飲み会である人にはタイプだとか言われたり、
別の人には私はあっちの方が好みですごめんなさいとか言われたりしました。

昔は自分はあっちの方だった気がするなと、
それを言われた時に思ったな。

いろいろやってきたおかげで、
少しはウケの範囲が広くなったかもしれないけど

その代わりに失ったものもあるのかもしれないな。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。