HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2を受験した

スコアはあんま良くないですが合格しました。

この試験はJavascriptの試験ですね。
Javascriptの文法やHTML5のAPI関連について問われたりします。

試験の感想としては、難しさは感じなかったですね。

コンソールに表示される結果はどれか?という
コードリーディング問題が多かった印象。
記述式の問題は1問だけだったな。

難しく感じなかったのにスコアがそんなに良くない理由は
たぶん正確な知識が頭に入ってなかったんだと思います。

ほとんどの問題は「これだと思う」で回答していった感じですからね。
実は間違いでしたってのが多かったんでしょう。

しかし資格試験って結果は返ってくるけど
どこが間違ったのかが分からないから、正しようがないのよね。

間違って理解してる部分は間違ったまま。
とにかく合格したからいいか。
みたいな状態になってしまう。

使った参考書は

この試験向けの参考書って、まだあんまいいのがない気がするけど
これらを使えば合格するには十分ですね。

あとはHTML5試験の公式ページの参考問題を解くのがおすすめです。

振り返るとセミナーに行った時にこの参考書を買ったから
それからもう5ヶ月も経ってたみたいですね。

セミナー「HTML5感。」に行った
ちょうど仕事をやめた後だったのと、HTML5関連の勉強をしたくなってた時に いいタイミングでLPIってとこからセミナーのお知らせが届いたん...

さて、IT系の資格は他にも気になるものがあるので
ゆっくりと始めていきたいところですがITは実際に技術を身に付ける方が大切ですよね。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。