出会い系つかって初めて実際に会ってみた

出合い系使い始めて半年以上経ってようやく実際に会うという経験をした。

まぁ淡々と継続してりゃね。
会うこともあるのかな。

会話の流れを読み返すと、ある程度話してから出掛ける流れになっている。
カフェの話なんかしてて、へー今度行ってみようって言ったら、
良かったら一緒に行きますよと向こうから言ってきた感じだった。

やっぱまずは多少会話してからが大切だろうか。

相手の歳は自分より上だった。

俺氏30代女性は全然ありなのよね。
ってか自分が30代じゃん。
ってことは同年代じゃんね、と思ったりする。

まー段々と現実を知ってきたのもあるが(笑

その日は、ようやく出会い系使って人と会うことが出来るという事実そのものに自分はワクワクしていた。

ただ実際会ってみたら、やっぱ写真とは印象が違って、
「あれ・・こんななのか・・・」みたいに思ってしまったのが正直なところ。

この時、なんだかんだ自分もそれなりに見た目とかで選り好みしてしまうもんだなあと改めて感じさせられたな。

普通にデートというか、食事をしたり散歩をしたりカフェ行ったりした。

まあ相手がなんか積極的で途中手を繋いで来たんだけど、
うーむ自分は恥ずかしいなということで拒否ってしまったのよね。
ってかどうしよう・・・。という感じだった。

この人は関係を進めたがっているのかと。
女性的には手をつなぐというのは、たぶん関係的に進めようとしている気があると思う。

でも自分自身が、あんまそんな気になれなかったのが正直なところだった。
こんな俺が選り好みをしているなんて。
そんなことも考えたりはしたけど。

その人とは結局2回会った。
どちらもただカフェに行ったりしたぐらいだ。
その後は自分の方からフェードアウトした感じになる。

そんな感じだった。

ところで出合い系では、自分のスペックのことは全然隠さずやってるけど
それでもやり取りしてくれる人はいる。

自分の糞スペック
高卒、低い年収、低い身長、実家ぐらし。
極めつけはブサイクな面さらした写真付き。

それでも20代のかわいい感じの子も含めて話が出来たりはする。
これ見たらちょっと自信出てきた人もいるんじゃないか。

そんな人は一度やってみるといいと思う。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。