趣味は持つべきか?

趣味は持つべきか?

AERAに趣味圧という特集があった。

  • インスタ映えするような趣味を持たないといけないんじゃないか
  • 人に話せる趣味じゃなきゃいけないんじゃないか
  • 無趣味だとつまらない人間だと思われるんじゃないか
  • 仕事が趣味だとこれまたつまらない人間だと思われてしまうんじゃないか

など趣味一つでも他人を意識してしまう部分があるという。
趣味があってもなくても、何か同調圧力かあるんじゃないかというお話でした。



ほんとの趣味を言わない趣味偽装

記事に趣味偽装という話もあったけど、
そういや自分も今も昔も趣味偽装してることはあったりするな。

高校生の時なんてゲーマーだったことを隠してたしなぁ。
オタクと思われたくない気持ちがあったのを思い出す。

ゲーム好きってのが恥ずかしく感じたんだよね。

趣味なんて人目を気せず、自分が楽しめることやればいいんだけどね。
なければないで気にしないでいいんじゃないかとは思う。

ただこんな記事も

クーリエジャポンの天才になる方法という特集ではこんなことが書いてあった。

普段の仕事を完全に忘れるくらい没頭できる趣味や活動は「ディープ・プレイ(深い遊び)」といえるものだ。それは単なる気晴らしのゲームとは異なり、人生に役立つスキルの本質を教えてくれる。

優秀な研究者やエンジニアには、登山やセーリング、楽器演奏、絵画製作などのディープ・プレイに情熱を傾ける人が少なくない。逆に、業績のよくない研究者は「趣味を持たないか、仕事にとって重要でないとみなしている」という研究結果もある。

こういう趣味みたいな別の活動で活力や創造性が養われるということはあるんだろうね。
何か能力を高めたい人は趣味を持った方がいいのかもしれない。

それにしても

雑誌読むのが面白い。

雑誌を読むこと。
これが自分の趣味にプラスされた。

元々雑誌読むのは好きだったけれど。

ところでふと探してみたら、趣味サイトってのもあるもんなんですね。
そういうサイトで何か見つけられるかもしれない。

新しい趣味を見つけたい人はこんなとこ見てみるのはどうでしょうか。
シュミカツ
趣味百科
趣味探し.com

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。