オンライン英会話でTOEIC Speakingのカリキュラムを受けてみた

スポンサーリンク

最近オンライン英会話で取ってたカリキュラムは日常英会話。

特にやりたいものもなくて消去法的に日常英会話を取ってたけれども、
これがなんだか微妙で他に何かいいものないだろうかと思っていた。

で、他を探してみたらTOEIC Speakingがあったのよね。

今まで気づかなかったのは、これが50分レッスンの方にあったからだった。

TOEIC Speakingの点数は上げたいかなと思ってたし、早速予約して受けてみた。

最初のレッスンの内容は音読で、TOEIC Speakingテストにもあるやつだ。

音読する内容はお知らせとか広告みたいな、TOEIC L&Rで言うとパート4のような内容のもの。

やっててまず思ったのは、これイントネーションとか発音・リズムの判断をフィリピンの先生が出来るのか?ってのが正直なところだった。

実際自分の音読に対するフィードバックみたいなのは、ほとんどなかったんだな。これは自分の発音が良かったからではない。

たぶんネイティブの人だったら、分かりやすかったよとか、ここはこんな感じで発音した方がいいよとか、もっとフィードバックをもらえるんじゃないかってのは思った。それにネイティブのお手本も聞きたかったりね。

まぁネイティブって言っても色んな発音あるけどさ。

教材自体は悪くないと思う。

それにこれやったおかげで、TOEIC Speakingのスコア上げに向けた意識が、ほんの少し芽生えた気がする。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください