カフェに入るのが怖い

スポンサーリンク

カフェでゆったり時間を過ごす。

そんなことに憧れつつも、実際はカフェに入るのに怖がって入れなった時期が過去にあります。

まあ今から考えるとおかしな話ですが、
ドトールすら怖くて入れなかった頃があります。

初めのうちはカフェに着いてもすぐには中に入れず、
必ず店の前を一旦は通り過ぎていた。

何度か店の前をうろうろと行き来したのち、
ようやく勇気を出して中に入っていたのを思い出す。

変に緊張しまくりながら。

しかしその後、そんなことを何度か繰り返していくうちに、
段々とすんなり入れるようになりましたね。

今じゃほんと何の躊躇もしなくなった。
一体あの頃はなんだったんだろうと、その頃の恐怖すら思い出せないというか。

しかしそれにしても、その後いろんな店に行ったな。
平気になってから、いろいろとカフェ巡りをしました。

カフェに入るなんて、すごく小さなことですが、
こんなことからも得られたものはあります。

スポンサーリンク
 

ニートの方へ、3〜6時間労働のすすめ

スポンサーリンク

ニートの人向けです。

自分は過去に一日平均4時間ぐらいのバイトをしていた時があります。
少ない時間でも仕事をするってのは、結構おすすめ出来ます。

気を少しは楽にさせると思う

少なくとも働いているっていうのは、気分を楽にさせるんじゃないでしょうか。

人によりますけど、自分は仕事をしていないってことに対して負い目を感じたりしてましたからね。
仕事をすれば、それが和らぎます。

少しの労働は健康にいいと思う

それに多少動くのは健康的にもいいと思います。

自分の場合ニートをしてて辛かったのは、
夜眠れなくなることでした。

起きる時間も遅く、日中ろくに活動もしてなければ夜眠れなくなりますよね。

ニートから脱出するために、まずは生活リズムを整えようとか思っても眠れないんです。

夜10時ぐらいに布団に入って部屋を真っ暗にしても、
ようやく眠れるのが朝方5時とかで、それは本当に辛かった。

そのへん仕事を始めれば、生活リズムを整えやすくていいです。
仕事は強制的に昼間活動せざるを得なくなりますのでね。

生活リズムを整えたければ、日中活動するのが大切です。

お金が入る

なんだかんだ少しでもお金があるのはいいです。
何かしたくなった時、お金が必要になったりしますからね。

遊びや勉強など。

これは割りと重要かなと思っていて、
自分の場合は遊びを通して克服したこともあるので、
お金を稼いでおくことはいいんじゃないかと思います。

そして出会い

これは人との出会いはもちろんですが、
自分との出会いってのも仕事をしてるとあると思います。

これは自分に合ってるとか得意だとか苦手だとか。

こんなこと自分には絶対出来ない、怖いと思ってたことが、
やってみたら意外に出来るってことが分かったり。

それは大きなことかなと。

まずはちょっとでやってみるで、いいじゃない

ということで、上記のことがあったりするんで、
短時間でも仕事をしてみることは自分はおすすめです。

あとはこんなこともあります。
http://30koetekaranoo.xyz/2015/118/

スポンサーリンク
 

証明写真機が怖い

スポンサーリンク

なぜだったか、とてつもなく証明写真機で写真を取るのに恐怖していた過去があります。

一体、何に怖がってたのか。
これも一つ、ニートから抜け出し辛かった理由です。

とにかく恥ずかしいというか何と言うか、
変に自意識過剰なんですよね。

仕事に応募するときは、履歴書に貼るために撮りに行かなきゃいけないですよね。

そういう時はなんとか勇気を出して、
いつも誰もいない場所にあるところで、深夜か早朝に撮りに行ってました。

自分にとって難しく感じる事柄は、
少し取り組みやすくなるよう難易度を下げるといい。
これは他のことでもよくやります。

結局なんだかんだ何度も撮りに行く機会はありましたので、
その後、段々とそういった恐怖心はなくなっていきました。

今はお気に入りの写真機も見つけてます。

普通のは3回連続で撮られて、そっから選択しますが、
それだと、1回1回どんな顔になってるのか分からなくて、
うまい具合に表情を変えて、写真を撮れないんですよね。

いつもいまいちな写真しか撮れないのも、嫌だった理由だったかな。
自分は写真写り悪いので、自分の写真見るのが嫌だったりもしましたしね。

でもそれとは違い、自分のお気に入りの写真機は何度も撮り直しが出来るんですよ。

何度も撮り直しが出来るのをいいことに、
思いっ切りの変顔を撮影しては、一人爆笑したりなんかしていました。

そして十分にほぐれたところで、改めて写真を撮ると、
なかなかいい表情で写真が撮れたりします。

まあこんなことが出来るくらいに写真機が平気になったのが、
なんだか不思議なくらいだった。

こう恐怖が克服されたことで気持ちに余裕が出来たのを感じます。

いつも思うのは、こういうのはやってみて場数を踏むのがいいってことでしょうね。

スポンサーリンク
 
1 105 106 107 108 109 110 111 112